糖尿病とメタボの関係

メタボリック症候群は糖尿病になりやすいのか?

 

メタボリック症候群は内臓脂肪が多いことと思っている人がいますが
と糖尿病とはほぼ同位にあると言ってもいいのです。

 

つまり、内臓脂肪が多いために糖尿病、高脂血症、高血圧等を
発症することをメタボリック症候群というのです。

 

単にお腹が出ているだけのことではないのです。

 

メタボが注目されて久しいですが、和名は「内臓脂肪症候群」といいます。
が実は決して肥満の人だけの病気ではないのです。
一見痩せているように見えても内臓のまわりにはびっしりと脂肪がまとわりついている人もいます。

 

実際私がそうでした。体重67Kg、身長167cm一見中肉中背なんですが
私、脱いだらすごいんです、ぽっこりおなかといいますかウエスト88cmあったんです。

 

案の定、メタボリック症候群でした。内科の先生から直接指摘された訳ではないのですが、
隠れ肥満とでもいいいましょうか、病名「脂肪肝」とカルテにはしっかりと書かれています。

 

当然糖尿病だったわけですが、メタボリック症候群と糖尿病は一対と考えても過言ではありません
メタボリック症候群は内臓に脂肪がまとわりついていること自体をいうのではありません。
内臓肥満とともに糖尿病、高脂血症、高血圧などをあわせもった状態をメタボリック症候群と呼んでいます。

 

ウエスト(へそまわり)が男性で85cm以上女性で90cm以上あるひとは
内臓脂肪が蓄積されている可能性があります。
糖尿病、高脂血症、高血圧の検査が必要でしょう。

 

 

<内臓脂肪症候群の人の特徴>

 

 

メタボリック症候群の人の生活習慣には次のような特徴があります。

 

 

1、過食ぎみである

 

 

2、お酒を多く飲む

 

 

3、油っこいものが好き

 

 

4、食事するのが早い

 

 

5、健康を意識して歩いたり運動したことがない

 

 

6、仕事が事務系であまり体を動かさない

 

 

7、食事が不規則で外食が多い

 

 

上記のような生活習慣がありウエスト(へそまわり)が男性で85cm以上女性で90cm以上ある人は
次の症状がないかチェックする必要があります。

 

 

1、中性脂肪値が150mg/dl以上ある

 

 

2、HDLコレステロール値gが40mg/dl未満である

 

 

3、健康診断で高脂血症を指摘されたことがある

 

 

4、最高血圧が130mmHg以上ある

 

 

 

 

5、最低血圧が85mmHg以上ある

 

 

6、健康診断で高血圧を指摘されたことがある

 

 

7、空腹時血糖が110mg/dl以上ある

 

 

8、糖尿病の薬物治療をしている

 

 

これらの症状が複数ある場合メタボリック症候群といえます。
そして糖尿病、高脂血症、高血圧からさまざまな病気へと進行していきます。
その多くの病気には生命の危険を伴う重篤な結果をもたらすものが少なくないのです。

 

 

<メタボリック症候群の改善には>

 

 

メタボリック症候群の原因が生活習慣である以上、生活習慣を変更しなければ改善は見込めません。
逆に言えば生活習慣を変えるだけで重篤な病気への進行を防げるということです。

 

 

そしてまずは、自分がメタボリックであることを認知することがたいせつです。
私の場合体験記に書きましたとおり、不幸中の幸いとでもいいますか喉の違和感から、
病院に受診するきっかけを得ました。

 

 

会社勤めの人は会社で年一回の健康診断があり、
病気の発見が早期に可能ですが私のような自営業の者は、
市町村の健康診断はあるものの会社ほど強制力がなくついつい見送ってしまいがちになります。

 

 

かといって自営業者とサラリーマンにメタボリック症候群の
分け隔てがあるかというとおそらくは平等なのではないでしょうか。

 

 

自営業者で健康診断していなくても今の生活習慣では
「そのうち病気するんじゃないか」とうすうす感じているでしょうし、
たとえサラリーマンが健康診断で糖尿病、高脂血症、高血圧を指摘されても
「大丈夫、そのうち改善するさ」ぐらいで終わってしまうケースがけっこうあるように思います。

 

<メタボリックの恐ろしさをイメージする>

 

 

具体的に何かがないと動かないのが人間です。
血糖値が高くても、高脂血症でも、血圧が高くても今の生活にはなんら差し支えありません。
風邪をひいたらすぐ病院に行くのは具体的に生活に支障があるからです。

 

 

大切なのはこのままだと自分の身に将来起こるであろう不幸をイメージすることだと思います。
そして勇気を出していまの生活を変えてみましょう。

 

 

少しずつじゃもう間に合わないんです。180度変えてしまいましょう。
大変なように思われますが、やってみると意外とそうでもないんですよ。
私がやれたんですから。さあ、脂肪を脱ぎ捨ててメタボリック症候群とお別れしましょう。
糖尿病や高血圧、高脂血症にならないために。

 

そしてには脳卒中、心筋梗塞、腎不全による透析治療などを経て
最終的には命を落とすことになるかもしれないことをよく認識しましょう。

 

 

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。


関連ページ

糖尿病の種類とメカニズム
糖尿病をメカニズムの観点から生理学的、化学的に検証します。メカニズムは数種の文献を参考に私なりに理解した平易な言葉で分かりやすくしています
座る時間が長いと糖尿病になりやすい
一日の座る時間が糖尿病のリスクと密接に関係がある
健康診断の結果の見方
糖尿病の可能性を発見するために健康診断の結果を自分で判断できる情報を紹介します。健康診断の結果を主な検査別に判断材料を提供することによって、病院での結果説明をより分かりやすくします。
糖尿病とストレス
糖尿病とストレスの関係。ストレスのコントロールによって高血糖を改善できるという方法などを紹介していま
糖尿病の意外な原因
糖尿病の原因となるさまざまな生活習慣を紹介しております。今まで常識とされていたことついての矛盾や生活習慣以外の原因についても言及しております。
インスリン抵抗性とは何
インスリン抵抗性のページでは糖尿病の原因となるインスリン抵抗性について考えます。インスリン抵抗性のしくみやインスリン抵抗性になりやすい原因やその改善または予防についても紹介しています。
肥満と糖尿病の関係
肥満と糖尿病の関係は?。糖尿病は肥満が原因であるとは必ずしもいえないのです
男性の方が糖尿病になりやすい
糖尿病は女性より男性の方がなりやすい。その理由は?