座る時間が長いと糖尿病になりやすい

オランダの研究機関が先日ヒトが1日に座って過ごす時間と2型糖尿病の発症リスクとの間に密接な関係があることを発表しました。
一般的に2型糖尿病は遺伝的要素、食習慣によるもの、運動不足などの生活習慣により発症リスクが高まるとされています。

 

今回の研究では平均年齢60歳の約2500人の成人男女でデータを収集しました。2500人のうち56%が正常血糖値15%が境界型糖尿病、29%が糖尿病患者です。

 

対象者2500人に座っている時間や立ち上がった回数などを記録できる活動量計をつけ連続8日間装着させて統計を取ったところ血糖値が正常な人や境界型の人は2型糖尿病の人に比べて1日当たり26分座る時間が少ないことが分かりました。

 

 

寝ている長さや立ち上がった回数には糖尿病と非糖尿病との関連は認められず、とにかく座っている時間が糖尿病に密接に関係していることが分かったのです。

 

分析の結果座っている時間が1時間増すごとに2型糖尿病の危険が22%高まるそうです。

 

糖尿病は運動療法が大切であるということは周知の事実なのですが、座ること自体が糖尿病のリスクにつながることがわかったのです。

 

しかし現象としてはわかったもののその因果関係はまだ不明とのことです。

 

 

考えられる遠因として座っている時にはテレビを見たりすることが多く、その場合間食を取る人が多いということがあるのかもしれません。

 

早稲田大学の研究では日本人が1日に座る時間は平均8〜9時間で調査対象世界20か国中最長だということです。

 

糖尿病の予防にはなるべく座らないことが一つのファクターといえるでしょう。

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。


関連ページ

糖尿病の種類とメカニズム
糖尿病をメカニズムの観点から生理学的、化学的に検証します。メカニズムは数種の文献を参考に私なりに理解した平易な言葉で分かりやすくしています
糖尿病とメタボの関係
メタボリック症候群とはいったいどういうものなのかを明らかにし糖尿病の改善に繋がる情報をメタボリック症候群から引き出します
健康診断の結果の見方
糖尿病の可能性を発見するために健康診断の結果を自分で判断できる情報を紹介します。健康診断の結果を主な検査別に判断材料を提供することによって、病院での結果説明をより分かりやすくします。
糖尿病とストレス
糖尿病とストレスの関係。ストレスのコントロールによって高血糖を改善できるという方法などを紹介していま
糖尿病の意外な原因
糖尿病の原因となるさまざまな生活習慣を紹介しております。今まで常識とされていたことついての矛盾や生活習慣以外の原因についても言及しております。
インスリン抵抗性とは何
インスリン抵抗性のページでは糖尿病の原因となるインスリン抵抗性について考えます。インスリン抵抗性のしくみやインスリン抵抗性になりやすい原因やその改善または予防についても紹介しています。
肥満と糖尿病の関係
肥満と糖尿病の関係は?。糖尿病は肥満が原因であるとは必ずしもいえないのです
男性の方が糖尿病になりやすい
糖尿病は女性より男性の方がなりやすい。その理由は?