インスリン抵抗性とは何

インスリン抵抗性とは

 

インスリン抵抗性は糖尿病の原因となるものです。

インスリン抵抗性とはどういうものか知ることによって
生活習慣の見直しの指標ができ、
注意するべきことが明らかにな

                                                                                              インスリンの分子モデル

 

 

<インスリンとは>

 

 

インスリンは膵臓のランゲルハンス島という細胞の集合体で作られ分泌される、

糖の代謝や脂質の代謝に関わるホルモンの一種です。

 

 

 

 

ランゲルハンス島とはランゲルハンスが発見し
膵臓の中に点々と島のように存在するのでこう呼ばれています。

 

 

働きは、特に血液中のブドウ糖の量(血糖値)を一定に保つことです。
インスリンには具体的に次のような作用があります。

 

 

●肝臓に蓄えられたグリコーゲンがブドウ糖に分解されるのを抑制します。
●肝臓や筋肉でブドウ糖がグリコーゲンに合成されるのを促進します。
●筋肉や脂肪細胞に血液中のブドウ糖を運びます。
●脂肪細胞でブドウ糖が脂肪に合成されるのを促進します。 

 

 

 

<ブドウ糖とは>

 

人間が活きていくうえで必要なエネルギーのもとになります。この糖から直接エネルギーが生産されます。

 

 

<グリコーゲンとは>

 

ブドウ糖から合成され肝臓などに貯蔵しやすい物質で簡単にブドウ糖に戻すことができます。
蓄えられる期間は半日から1日というところです。

 

 

<脂肪とは>

 

グリコーゲンに変換しきれずに余ったブドウ糖は脂肪として合成され脂肪細胞に蓄えられます。
長期間保存が可能ですがブドウ糖に再変換するのにはグリコーゲンに比べて大変な作業を伴います。

 

 

<インスリン抵抗性とは?>

 

インスリン抵抗性とは、インスリンは充分に分泌されているけれど
効き目が悪くなっているので血糖値が下がらない状態をいいます。

 

 

一言で言えば、『筋肉や肝臓でインスリンの作用が低下している状態』のことです。
抵抗性が生じると、骨格筋や脂肪組織などでブドウ糖の細胞内取り込みが抑えられます。

 

 

<肥満の人にインスリン抵抗性が多い>

 

 

インスリン抵抗性の原因物質として考えられているのが「腫瘍壊死因子(TNF-α)」です。
TNF-αは白血球から分泌される炎症性サイトカインと言うものです。
炎症性サイトカインとは、細菌に感染した細胞に炎症を起こさせてダメージを与える物質ですが
同時にインスリンの作用を抑制する働きもあります

 

 

また、脂肪細胞からもTNF-αが多く分泌されるため
肥満の人に多くインスリン抵抗性が見られ、糖尿病を発症します。
一見肥満でなくても今話題の内臓脂肪が多い隠れ肥満でも同じことが言えます。

 

 

このTNF-αにより体が常に状態になるため歯周病になりやすかったり
、常に血管に炎症を起こし動脈硬化になったりさまざまな病気を引き起こします。

 

 

<運動でインスリン抵抗性が改善される>

 

 

運動をすることによってインスリン抵抗性が改善されるのは、
運動により脂肪細胞が減りインスリン阻害因子のTNF-αの分泌が少なくなる事。
また筋肉中のインスリン受容体(インスリンが作用する場所)の数が増え、
受容体自体の働きも活性化されるためだと考えられます。

 

 

<インスリン分泌のタイミング>

 

 

糖尿病にはインスリンは分泌されているのに分泌するタイミングがずれて
血糖値が上がってしまうケースもあります。

 

 

これは不規則な食生活や睡眠不足などによる
体内時計のずれが影響していることが分かってきました。

 

 

糖尿病の治療には薬物療法、食事療法、運動療法に加えて
生活のリズムを整え規則正しい生活をおくることで
血糖値をコントロールするということも重要な作業です。

 

 

 

<ストレスは血糖値を上昇させる>

 

 

ストレスにより体内に分泌されるアドレナリンやコルチーゾールといった
いわゆるストレスホルモンは血糖値を上昇させることが分かっています。

 

 

血糖値を上げるホルモンはいろいろあるのですが、
血糖値を下げるホルモンはインスリンだけなのです。
それだけにインスリン抵抗性はやっかいな症状であるとともに、
糖尿病ではまず改善しなくてはならないことなのです。

 

 

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。


関連ページ

糖尿病の種類とメカニズム
糖尿病をメカニズムの観点から生理学的、化学的に検証します。メカニズムは数種の文献を参考に私なりに理解した平易な言葉で分かりやすくしています
糖尿病とメタボの関係
メタボリック症候群とはいったいどういうものなのかを明らかにし糖尿病の改善に繋がる情報をメタボリック症候群から引き出します
座る時間が長いと糖尿病になりやすい
一日の座る時間が糖尿病のリスクと密接に関係がある
健康診断の結果の見方
糖尿病の可能性を発見するために健康診断の結果を自分で判断できる情報を紹介します。健康診断の結果を主な検査別に判断材料を提供することによって、病院での結果説明をより分かりやすくします。
糖尿病とストレス
糖尿病とストレスの関係。ストレスのコントロールによって高血糖を改善できるという方法などを紹介していま
糖尿病の意外な原因
糖尿病の原因となるさまざまな生活習慣を紹介しております。今まで常識とされていたことついての矛盾や生活習慣以外の原因についても言及しております。
肥満と糖尿病の関係
肥満と糖尿病の関係は?。糖尿病は肥満が原因であるとは必ずしもいえないのです
男性の方が糖尿病になりやすい
糖尿病は女性より男性の方がなりやすい。その理由は?