糖尿病の症状と対策ナビ

糖尿病の新薬 インクレチン関連薬とは

インクレチン関連薬って何?

 

インクレチン関連薬は最近注目されている薬です。

 

糖尿病の新薬として2009年ごろより実用化されています。

 

これまでの薬物療法を一変すると言われている薬です。

 

 

インクレチンとは
ヒトの腸から分泌される消化管ホルモンの一種で

 

主な作用としては膵臓のβ細胞のインスリン分泌を促進します。つまり血糖値を下げる作用があるのです。

 

また膵臓のα細胞から分泌される血糖値を上げるホルモン(グルカゴン)の分泌を抑制し、結果的に血糖値の上昇を抑制します。

 

 

ブドウ糖負荷試験のようにブドウ糖を注射で血液中に投与するより経口投与の方ががインスリンがよく分泌されるのはこのインクレチンの作用なのです。

 

 

インクレチンの種類

 

インクレチンにはと小腸や大腸の一部から分泌される
GLP−1(グルカゴン様ペプチドタイプ1)

 

と十二指腸から分泌される
GIP(グルコース依存型インスリン分泌刺激ポリペプチド)

 

の2つがあります。

 

GLP―1は胃の内容物排出速度を遅らせ、満腹感を助長することで食欲を抑制したり、食後の急峻な血糖上昇を抑制したりする作用があるのに対しGIPは脂肪細胞への糖の取り込みを促進することで肥満を助長させる作用があります。そのことから糖尿病に対する治療薬の開発はGLP―1を対象に行われました。

 

GLP−1にはまとめると次のような作用があります。

 

1・インスリン分泌の促進

 

2・膵臓ランゲルハンス島のβ細胞増殖作用

 

3・グルカゴンの分泌を抑制する

 

4・胃排泄能抑制 (満腹感の持続)

 

5・4)の作用により結果的に食欲抑制作用

 

GLP−1が薬として存在するならばU型糖尿病にとって画期的な薬になるに違いありません。

 

 

 

 

薬としてのインクレチン

 

GLP−1の半減期は2分〜5分
良いこと尽くめのGLP−1のように見えますが
実はGLP−1は血液中のDPP−4という酵素によって速やかに分解されてしまうのです。その半減期は約2分から5分と言われています。つまりGLP−1は投与しても数分しか血液中に存在できないと言うことなのです。

 

インクレチンを薬として開発するためにはGLP−1を分解されにくくするかという問題が最重要課題なのです。

 

そこで研究により考えられた方法は2つありました。

 

DPP-4阻害剤

ひとつはGLP−1をDPP−4により分解されにくくするということです。つまりDPP−4の作用を邪魔する薬が考えられました。これをDPP−4阻害薬と呼ばれています。
薬剤としてはシタグリプチン (DPP-4阻害剤) アログリプチン(DPP-4阻害剤)
があります。

 

GLP−1アナログ

ふたつ目はGLP−1と同じような効果があり、かつDPP−4に分解されにくい物質を探すことです。それが、アメリカ毒トカゲの唾液腺から発見された物質から作られたエキセナチドという薬です。

 

また、GLP−1自体を変化させDPP−4に分解されにくくすることも研究されました。
それがリラグルチドという薬剤です。
この二の薬剤を総称してDLP−1アナログと呼ばれます。

 

 

 

 

インクレチン関連薬の効果
DPP-4阻害剤もGLP−1アナログもインスリンの分泌を促すと言う意味で
U型糖尿病の薬です。残念ながらT型には効果がありません。

 

DPP-4阻害剤は飲み薬です。

 

GLP−1アナログは通常一日一回皮下注射します。

 

HbA1Cへの効果として3ヶ月の使用により
DPP-4阻害剤で約0.7 GLP−1アナログ
で約1.8程度の低下が見られるとのことです。

 

インクレチン関連薬のメリット

今までにもインスリンの分泌を促す薬は存在し実際に使われています。
それではそれらの薬とインクレチン関連薬とはどこが違うのでしょう。
そのメリットを挙げてみましょう。

 

1. 投与頻度が少ない。

 

一日1〜2回の投与で効果があるので患者さんの負担が軽減されます。

 

2. 副作用が少ない。糖尿病治療薬にしばしば見られる低血糖を起こしにくいといわれています。

 

3. 血糖値が高い時にしか作用しない。2と重複しますが、結局血糖値を必要以上に下げないということで低血糖を起こしにくいと言われています。

 

4. 膵臓のβ細胞を増殖させる効果がある。

 

インクレチン関連薬の副作用
そもそも副作用の少ないインクレチン関連薬ですが他の糖尿病の薬との併用により
低血糖を起こす例が報告されています。
まれに膵炎を起こすことが報告されています。
また、患者さんの使用感としては、強い吐き気を伴うことが多く、午前中の投与で昼食が食べられなかったり、寝込むような吐き気に襲われると言う患者さんもいます。

 

インクレチン関連薬体験談

 

 

実際、私の知人がかかりつけの先生に勧められ先日よりGLP−1アナログの注射を毎日受けております。
77歳の女性でなかなか血糖値が下がらないといつもぼやいていました。

 

もっとも血糖値が下がらないのは意志が弱いだけのように思えるのですが。
実際食生活を聞くと本当に糖尿病なの?っていうぐらい好き放題に食べています。
本人はこれでも節制してると言い張っています。
まあそんな彼女が吐き気がして何にも食べられないってげっそりしてました。
午後からは楽になるらしいのですが、注射をした午前中はとにかく横になっている方が多いとのことです。
最近では午後から注射を受けた方が一日楽に過ごせると昼から通院しているようです。
生活のクオリティを上げるために新薬をつかうとすれば果たして目的を達しているのでしょうか、
食事療法と運動療法を極めてなおかつ血糖値のコントロールがままならない時に新薬のお世話になると言う
選択もあるのではないでしょうか。

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。


関連ページ

糖尿病食事療法の新説
糖尿病の治療として食べる順番に新説が。
血糖値を下げる食事の裏技
血糖値を下げる食事の仕方、裏ワザをお教えします。糖糖尿病の食事はただカロリーを減らせばいいという訳ではありません。大事なのはメンタルです。糖尿病と戦うための長続きする食事方法を試しませんか?辛い糖尿病の食事療法を快適に過ごしましょう
筋肉リリースが糖尿病を改善する
筋肉リリースによって筋肉や関節の状態を改善すると血糖値をコントロールしやすくなる。
アディポネクチンは糖尿病の救世主
新発見のホルモン、アディポネクチンは糖尿病の救世主
薬を使わずに糖尿病を治す
薬を使わずに糖尿病を改善する方法をを紹介します。
耳ツボダイエットと糖尿病
耳ツボダイエットの糖尿病改善に役立つ可能性をさぐります。まず、耳ツボダイエットのしくみを検証し効果を実際に体験して評価していきたいと思います。
糖尿病の新薬最新動向
糖尿病の治療薬の最新情報やトレンドを紹介します。
糖尿病の運動療法
糖尿病の運動療法では糖尿病の運動療法について考えます。糖尿病に運動療法がいかに大切であり、かつ有効であるかを運動別に検証し、また糖尿病を運動療法なくして克服することが困難であることを紹介しま
タマネギで糖尿病を治す
タマネギの糖尿病への意外な薬効を紹介します
バナジウムが糖尿病を改善する
バナジウムは糖尿病の救世主となりえるのか、今話題のバナジウムについてレポートし
糖尿病の新食事療法
糖尿病の新しい食事療法について紹介します。従来のカロリーを制限するだけではなく積極的にバランスよく栄養を取り入れるという新しい食事療法を紹介しています
低インスリンダイエットの糖尿病への応用
低インスリンダイエットの高血糖予防への可能性を紹介します。低インスリンダイエットは最初、糖尿病の食事療法として生まれたのです
糖尿病は朝食で改善
糖尿病が朝食を毎日とることによって改善されたり逆に朝食を食べたり抜いたりすることで高血糖になる原因のひとつになっていることなどを紹介しています
糖尿病の薬
病院で処方されるさまざまな糖尿病の薬について種類や用途、また製品名にわたり紹介します。自分のもらっている薬がわかれば病院の先生の説明をより深く理解できるでしょう
糖尿病に効くサプリメント成分
糖尿病に有効なサプリメントを紹介します。薬ではなく、あくまで食品として糖尿病に有効なサプリメントをリストアップします。サプリメントの商品名ではなく成分としての紹介になります。
糖尿病の筋肉トレーニング
糖尿病と筋肉トレーニングの関係について考えます。高血糖の改善には筋肉トレーニングが必要であり、それによって基礎代謝量が増えることを紹介しています"