糖尿病の症状と対策ナビ

糖尿病の運動療法

 

糖尿病の運動療法にはどういう方法が適しているのでしょうか。
また、運動療法の注意するべき点には
どういったものがあるのでしょうか。
ただ、やみくもに運動するのではなくその理論と目的を
しっかり把握し運動しなければなかなか効率のよい
運動はできません。まずは知ることから始めましょう。

 

 

 

糖尿病の治療には、食事療法、運動療法、薬物療法があり、
中でも運動療法は糖尿病を克服するためにはもっとも重要で不可欠であります。

 

そして糖尿病患者にとっては唯一の希望の処方箋といっても過言ではないでしょう。
しかし継続がなかなか困難であることは否定できません。

 

運動の継続こそが糖尿病からのただひとつの脱出方法であるのです。
要は糖尿病を治そうというモチベーションひとつにかかっているのですが
運動療法の内容を熟知することがまずスタートでしょう。

 

<運動の効用>

 

運動不足は脂肪細胞がインスリンの血液中での働きを阻害することをいうインスリン抵抗性を加速し
インスリンは分泌されているけれど働きがよくないという状態を作ります。
運動量が増えると次のような効果が期待できます。

 

〇細胞がインスリンを受け入れるための「インスリン受容体」の数が増え受容体そのものの働きも善くなります。

 

〇エネルギーが必要になるのでブドウ糖の消費も増えます。

 

〇筋肉の量が増えることによって基礎代謝が増え、肥満を解消し太りにくい体になる。

 

〇脂肪の代謝がよくなり高脂血症が解消される。

 

〇血液循環がよくなる。

 

〇心配機能がよくなる。

 

〇ストレスの解消につながる。

 

このように糖尿病治療に欠かせない運動療法ですが、どのような運動が最適なのでしょうか。

 

簡単に言いますと最低一日ご飯お茶碗一杯分のカロリー(約160KCal)を
消費することが必要ということです。

 

<有酸素運動と無酸素運動>

 

運動には有酸素運動(持久力運動)と無酸素運動(短時間に最大の力を出しきる運動)があります。

 

有酸素運動とは酸素を十分取り込みながら血液中のエネルギー源である血糖を燃やし、
またその後は皮下脂肪などを取くずしながらエネルギーの補給を行う運動です。

 

例えば、ランニング、ジョギング、ウオーキング、エアロビクス、ダンス、サイクリングなどが
これに当たります

 

無酸素運動とは瞬発力を必要とする運動が中心で、
酸素を利用せず筋肉内にためているグリコーゲンを主なエネルギー源とします

 

例えば、100m走、重量挙げ、腹筋運動、腕立て伏せがこれに当たります。

 

糖尿病には当然、有酸素運動が適しており
無酸素運動は、血圧が上昇しやすく心臓に負担をかけるので要注意です。

 

実際の目安としては主観的運動強度なら、運動をしながら隣の人と会話ができ、
あまり息が上がらない程度。なおかつ、20分以上継続でき
運動後にシャツを替えたくなるほど汗をかく程度です。

 

また、参考までに各運動の時間と消費カロリーの関係を書いておきます。
体重60Kgの男性の20分運動したとしてを基準にしております、

 

運動の種類と消費カロリー
女性の場合は0、9を掛けてください。

運動の種類(20分間) 消費Kcal
ゆっくりした歩行(買い物、散歩等) 55Kcal
普通の歩行(通勤等) 68Kcal
急ぎ足 98Kcal
ジョギング(120m/分) 151Kcal
ジョギング(160m/分) 204Kcal
ランニング(200m/分) 278Kcal
エアロビクス 109Kcal
腹筋運動 148Kcal
縄跳び(70回/分) 193Kcal
キャッチボール 87Kcal
卓球 129Kcal
テニス 151Kcal
水泳(ゆっくりな平泳ぎ) 263Kcal
水泳(クロール) 448Kcal
ラジオ体操 98Kcal

 

 

 

すでに糖尿病の人の運動は注意が必要です。様々な合併症の存在が考えられるからです。
そのため医師の指示によって運動を進める必要があります。特に次の場合は注意が必要です。

 

1、網膜症が進攻している場合
 
2、足に壊疽や潰瘍が発生している時
 
3、合併症として腎炎がある場合
 
4、血糖値がコントロールがうまくできていない時

 

また、運動は軽いものから順に慎重に行わなければなりません。決して無理をしてはいけません。
特に膝関節、足関節、腰部の痛みに注意しもし後から痛みを生ずるようであれば
その運動を見直す必要があります。

 

糖尿病の運動は継続が一番の目的ですので、痛みを生じて歩くことに
苦痛を感じるようになることは極力避けなければいけません。
焦らず、ゆっくりと探るように運動していくことが大切です。
そして余裕があれば運動を増やせばいいのです。

 

 

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。


関連ページ

糖尿病食事療法の新説
糖尿病の治療として食べる順番に新説が。
血糖値を下げる食事の裏技
血糖値を下げる食事の仕方、裏ワザをお教えします。糖糖尿病の食事はただカロリーを減らせばいいという訳ではありません。大事なのはメンタルです。糖尿病と戦うための長続きする食事方法を試しませんか?辛い糖尿病の食事療法を快適に過ごしましょう
筋肉リリースが糖尿病を改善する
筋肉リリースによって筋肉や関節の状態を改善すると血糖値をコントロールしやすくなる。
アディポネクチンは糖尿病の救世主
新発見のホルモン、アディポネクチンは糖尿病の救世主
薬を使わずに糖尿病を治す
薬を使わずに糖尿病を改善する方法をを紹介します。
耳ツボダイエットと糖尿病
耳ツボダイエットの糖尿病改善に役立つ可能性をさぐります。まず、耳ツボダイエットのしくみを検証し効果を実際に体験して評価していきたいと思います。
糖尿病の新薬最新動向
糖尿病の治療薬の最新情報やトレンドを紹介します。
糖尿病の新薬 インクレチン
ンクレチン関連薬とは糖尿病の新薬です。平成21年ごろより次々と認可され使われるようになったインクレチン関連薬の種類やメリット、副作用などを紹介します
タマネギで糖尿病を治す
タマネギの糖尿病への意外な薬効を紹介します
バナジウムが糖尿病を改善する
バナジウムは糖尿病の救世主となりえるのか、今話題のバナジウムについてレポートし
糖尿病の新食事療法
糖尿病の新しい食事療法について紹介します。従来のカロリーを制限するだけではなく積極的にバランスよく栄養を取り入れるという新しい食事療法を紹介しています
低インスリンダイエットの糖尿病への応用
低インスリンダイエットの高血糖予防への可能性を紹介します。低インスリンダイエットは最初、糖尿病の食事療法として生まれたのです
糖尿病は朝食で改善
糖尿病が朝食を毎日とることによって改善されたり逆に朝食を食べたり抜いたりすることで高血糖になる原因のひとつになっていることなどを紹介しています
糖尿病の薬
病院で処方されるさまざまな糖尿病の薬について種類や用途、また製品名にわたり紹介します。自分のもらっている薬がわかれば病院の先生の説明をより深く理解できるでしょう
糖尿病に効くサプリメント成分
糖尿病に有効なサプリメントを紹介します。薬ではなく、あくまで食品として糖尿病に有効なサプリメントをリストアップします。サプリメントの商品名ではなく成分としての紹介になります。
糖尿病の筋肉トレーニング
糖尿病と筋肉トレーニングの関係について考えます。高血糖の改善には筋肉トレーニングが必要であり、それによって基礎代謝量が増えることを紹介しています"