糖尿病治らないはウソ!最新医療研究で

糖尿病が治る時代がやってきます。

 

ヤフーニュースの要約

「骨髄移植で糖尿病改善」からヒント得る

この研究チームはまず糖尿病で白血病の患者が白血病の治療で骨髄移植を受けた際に糖尿病が改善することに着目しました。
そこで、骨髄移植により白血病患者にどのような変化があったのかを調べていくうちに骨髄移植を受けた患者の血液中に40種類のマイクロRNAという核酸が増加していることを発見しました。
さらに調べていくうちに40種類のマイクロRNAの中で膵臓のインスリンを分泌するβ細胞を再生させる作用がある二種類のマイクロRNAを特定することに成功しました。
そしてその二種類のマイクロRNAを糖尿病のかかったマウスに注射して実験したところ空腹時の血糖値が注射をしなかった糖尿病マウスより40%〜50%低くなり、正常のマウスに比べても血糖値が20%多いぐらいまで改善されました。
またインスリンの分泌量もほぼ2倍になったという結果を得ました。と同時に顕微鏡下で膵臓のβ細胞の増殖も確認されました。
研究チームによると「糖尿病を完全に治す治療法となる可能性がある」とのことです。
この2種類のマイクロRNAは化学合成が可能で生産コストは低く抑えることができるのでもし近い将来薬として認められれば安価な投薬で糖尿病が完治出来る時代が訪れることでしょう。

 

ブタの細胞移植で糖尿病が改善!

1型糖尿病の治療として膵臓のβ細胞が存在するランゲルハンス島を移植する手術がありますが「ランゲルハンス島の提供者」を見つけることはがこの手術の大きな壁になっていました。
日本とニュージーランドとの共同研究で進んでいるのが豚のランゲルハンス島をヒトに移植しようというものです。
豚のインスリンとその機能はヒトとほぼ同じであることに着目したのです。
移植用に無菌で清潔な環境で飼育した豚の両親から生まれた医療用の子豚の膵臓から取り出したランゲルハンス島を拒絶反応を起こさずしかもインスリンだけ分泌するように特殊なカプセルで加工しヒトの腹部に移植しました。
体重1Kgあたり2万個を4人の被験者に移植したところ4人全員が2年間にわたりHbA1cの平均値が6%台を維持しました。
日本でも数年後をめどに1型糖尿病への豚のランゲルハンス島移植計画があるそうです。

 

別ウインドウが開きます

 

 

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。


関連ページ

血糖値を下げる飲み物、薬草茶
薬草で血糖値をコントロール糖尿病を改善
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬 全く新しいタイプの薬を開発中
糖尿病医療 無駄な薬を飲んでいる
長期の治療となる糖尿病や高血圧では継続的に投薬が続けられる
血糖値スパイクに専門医から5つの疑問!
NHKスペシャルの「血糖値スパイクが危ない」報道に反論
ヒートテック下着で血糖値が下がる?
【ソウル聯合ニュース】韓国のある繊維メーカーが、体温を高める機能性繊維で作った服の糖尿病緩和効果を確認するための臨床試験を進めていると伝えられ、結果に関心が集まっている。
甘味依存症が体を蝕む
貴方は大丈夫ですか?薬物依存症のように糖分にも依存症があるのです。