糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬

糖尿病の最新薬 経口薬「sotagliflozin」について

 

現在、糖尿病の最も新しい薬としてはSGLT2阻害薬があります。基本コンセプトとしては血液中の糖を尿で体外に排出させてしまうというものです。USAのLexicon社はそのコンセプトを強力にした経口新薬を開発しているそうです。

 

 

Lexicon社は2016年9月9日に腎臓で糖を再吸収させるタンパク質を阻害する経口薬「sotagliflozin」について1型糖尿病患者に対する試験データを発表しました。この新薬は新規性・有用性が高く、化学構造も従来の医薬品と基本骨格から異なり、従来の治療体系を大幅に変えるような独創的医薬品だそうです。

<画像はイメージです>

 

試験では従来のインスリン療法に加えて「sotagliflozin」を投与することで24週後にHBa1c値が0.43〜0.49の低下が認められたとしています。

 

同社は「この薬が承認されれば1型糖尿病治療においてインスリン療法に追加する初の経口薬となる」と述べています。

 

腎臓には不要なものをろ過して尿として排泄する働きがありますが、その際、体に有益な成分は尿から再吸収して血液中に戻します。

 

ブドウ糖を再吸収する時に働くのがSGLT1とSGLT2というタンパク質の一種です。

 

SGLT1は小腸など消化器や心臓、肺、肝臓、腎臓の近位尿細管に存在しSGLT2は腎臓の近位尿細管を中心に存在します。

 

腎臓でろ過されたブドウ糖は尿中に排泄されますが尿が近位尿細管を通るときSGLT2によって90%SGLT1によって10%が再吸収されます。つまり普通糖はすべて再吸収されて尿中には排泄されないのです。

 

糖尿病になるとこのSGLT2が4倍にも増えることが分かっており、糖の再吸収は3倍になるといわれています。
それゆえに血糖値が必然的に高くなるのです。

 

最近話題にされるSGLT2阻害剤はSGLT2の糖の再吸収を邪魔して糖を尿に排出させ、血糖値を下げる薬なのです。

 

Lexicon社の開発した「sotagliflozin」はSGLT1と2の両方に作用して阻害する薬剤です。

 

1型糖尿病の治療において問題になるのが重度の低血糖なのですが
同社は一連の試験結果により「sotagliflozin」は重度の低血糖を増やすことなく有意かつ臨床的に意義のあるHbA1c値の低下が認められたとしています。

 

同社では今後臨床試験を重ねて2型糖尿病に対する有効性を証明していくそうです。

 

年々、糖尿病の新薬が世界中で研究開発されそのうち今までとは一線を画すようなコンセプトの薬が開発され糖尿病自体が消滅する日が到来するかもしれません。

 

しかし2型糖尿病の予防と治療は今のところ節制と運動に勝るものはないでしょう。

 

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。


関連ページ

血糖値を下げる飲み物、薬草茶
薬草で血糖値をコントロール糖尿病を改善
糖尿病医療 無駄な薬を飲んでいる
長期の治療となる糖尿病や高血圧では継続的に投薬が続けられる
血糖値スパイクに専門医から5つの疑問!
NHKスペシャルの「血糖値スパイクが危ない」報道に反論
ヒートテック下着で血糖値が下がる?
【ソウル聯合ニュース】韓国のある繊維メーカーが、体温を高める機能性繊維で作った服の糖尿病緩和効果を確認するための臨床試験を進めていると伝えられ、結果に関心が集まっている。
糖尿病治らないはウソ!最新医療研究で
糖尿病も最新医療研究により完治できる病になりつつあります。最新医療研究現場のレポートです
甘味依存症が体を蝕む
貴方は大丈夫ですか?薬物依存症のように糖分にも依存症があるのです。