夢のホルモン「アディポネクチン」

アディポネクチンのサプリメント

アディポネクチンは運動療法に匹敵する

 

アディポネクチンは大阪大学分子制御内科学教室の松澤教授のグループによって発見された今世界中の注目を集めているホルモンで、日本医学界の快挙ともいわれる物質です。
このホルモンによって今まで困難を極めた生活習慣病のほとんど、さらにはガンにおいてもその予防と改善が確実にできるようになるそうです。

 

アディポネクチンはヒトの血液中に多く存在し血液とともに血管を流れ血管の損傷を素早く修復する作用があります。
このホルモンは内臓脂肪細胞から分泌されます。アデイポは脂肪、ネクチンはくっつくという意味でまさに脂肪細胞由来のホルモンということです。
かといって内臓脂肪が多くなればアディポネクチンの分泌は逆に抑えられ血液中の濃度は少なくなります。
メタボの人ほどアディポネクチンの血液濃度は低くなります。

 

アディポネクチンには炎症を抑える作用、動脈硬化を防ぐ作用、肥満を防ぐ作用、糖尿病を改善する作用があります。

 

ここでは糖尿病に特化して紹介していきます。

 

運動療法なしで血糖値を下げる

 

筋肉が糖をエネルギーとして取り入れるには筋肉中のGULTというタンパク質がインスリンに反応しブドウ糖を筋肉細胞へと取り込みます。
または筋肉が運動をした場合に発生する物質がGULTを活性化して糖を取り入れます。

 

アディポネクチンはインスリン受容体にくっつくことができ通常インスリンにしか反応しないGULTを活性化してブドウ糖を筋肉に取り入れることができるのです。

 

これはアディポネクチンがインスリンの代わりをするのではなく、筋肉が動いて糖を取り込むメカニズムと同じなのです。

 

つまりアディポネクチンにより運動することなく筋肉で糖を消費できるのです。

 

糖尿病もしくはその予備軍の人はきつい食事制限や苦しい運動療法でやっと血糖値を安定させます。

 

たとえば、すでに糖尿病の合併症で歩けない人心臓が悪くて運動が禁忌の糖尿病患者、衰弱が激しく運動できない糖尿病の人などにとっては救世主的なホルモンです。

 

もし体内にアディポネクチンが豊富にあれば食事制限や運動療法なしで血糖値の改善が実現します。
まさに夢のような話です

 

 

またアディポネクチン自体にインスリン抵抗性を改善する作用もあり、低血糖時の過剰な食欲を抑える作用も確認されています。

 

アディポネクチンは別名「長寿ホルモン」と呼ばれ100歳以上の長寿の人の血液中には通常の2倍のアディポネクチンがあることが分かっています。

 

アディポネクチンの血中濃度は高ければ高いほど良いらしく肥満や生活習慣によりその濃度は低くなります。

 

それではどうやればアディポネクチンを増やすことができるのでしょうか。

 

体内のアディポネクチンを増やす方法

 

まずは内臓脂肪を減らすことが第一となります。

アディポネクチンに内臓脂肪を減らす作用がありますので一旦減っていくと加速度的に内臓脂肪は減っていくはずです。
まずは始めなければ何も変わりません。

 

アディポネクチンを増やす成分は以下のものです

 

オメガ3脂肪酸(亜麻仁油などに含まれる)
ノビレチン(柑橘類「シークワーサー」に含まれる成分)
βコングリシニン(大豆たんぱくの一種)
少量のアルコール、マグネシウム、食物繊維などを積極的に摂取すること

 

アディポネクチンを増やすサプリメントを摂る

これは、糖尿病サプリとしては最高のランクをつけたいです。私は2か月目ですが。
膝や腰が痛くて運動療法のできない人にはこれ以上のサプリはないでしょう。

 

アディポネクチンサプリメント