抗糖尿病最新成分アカシアポリフェノールがすごい

アカシアポリフェノールが糖尿病に効く

最近よく耳にするアカポリという言葉。
血糖値に関係あるようで調べてみました。
アカポリとはアカシアポリフェノールの事でアカシアの樹皮から抽出したポリフェノールの一種のようです。
(アカシアの樹皮)

 

ポリフェノールとはもともと植物由来の物質です。
植物が光合成により産生する、苦みのある成分で植物細胞の生成と活性に関与しています。
その種類は5000種類にも及びます。

ポリフェノールの分類

ポリフェノールは大まかに次のように分類されます。

ポリフェノール

詳細

フラボノイド

タンニン:お茶、柿、バナナなどに含まれる渋み成分。殺菌作用がある。
カテキン:お茶、ワイン、ブルーベリーなどに含まれる。酸化によってタンニンになる。殺菌作用、高血圧の予防
ルチン:そばに多く含まれる。毛細血管の強化脳出血などの予防効果があると言われている
アントシアニン:ブルーベリーが有名。赤紫の色素で肝機能を上げ、目に良い成分とされている。
イソフラボン:大豆に多く含まれる成分。女性ホルモンと同様の働きをする。更年期障害など
プロアントシアジニン:アカシア樹皮抽出物が有名、最近、注目されている成分

フェノール酸 クロロゲン酸:コーヒーに多く含まれ。消化器系に良いとされている。
エラグ酸 イチゴなどに含まれる美白効果が期待でき化粧品に使われる。
リグナン セサミンが有名
クルクミン ウコンがよく知られている
クマリン シナモン、モモなどに含まれる甘い香りの成分

ポリフェノールの中のフラボノイドに属するプロアントシアジニンの一つがアカシアポリフェノールです。
プロアントシアジニンを含むものには次のようなものがありそれぞれに薬効が違います。

 

1.ワイン: 赤ワインに含まれる香りや風味渋みの成分で動脈性心疾患のリスクや死亡率を下げるという研究報告がされています。

 

2.松樹皮抽出物:フランス海岸松の樹皮には多くのポリフェノールが含まれるがこれに含まれるプロアントシアジニンについては健康食品としての効果は不十分だと報告されています。

 

3.ブドウ種子抽出物:ブドウの種子から抽出されるプロアントシアジニンは抗酸化作用、動脈硬化抑制、心臓保護、抗がん作用などが認められることが報告されています。

 

4.アカシア樹皮抽出物:アカシア樹皮から抽出されるプロアントシアジニンはブドウ種子抽出物と同じく
抗酸化作用、抗がん作用、抗菌作用などの他に特筆するべきはリパーゼ阻害、αーアミラーゼ阻害、グルコシターゼ阻害の酵素阻害作用があります。

 

アミラーゼ:でんぷんをブドウ糖に変換
リパーゼ:脂肪の代謝を行う
グルコシターゼ:二糖を単糖に変換する。

 

消化管のでんぷんはαーアミラーゼによって二糖に分解されたのちグルコシターゼによって単糖に分解されます。糖は単糖でしか吸収されないためαーアミラーゼとグルコシターゼの作用が阻害されると糖の吸収を遅らせ血糖値の上昇を緩やかにします。
実際、糖尿病の治療薬にはグルコシターゼ阻害薬なるものがあります。

 

アカシア樹皮抽出成分は食後の血糖値上昇を穏やかにするサプリメントとして機能性表示食品の届け出がなされています。
そのサプリメントがこれです。

血糖値を下げるサプリメントは星の数ほど販売されていますがこのアカシアポリフェノール学術的にどのぐらい検証されているのか論文検索してみました。以下の検索結果はグーグルの論文検索において英語でAcacia polyphenolと入力した結果を翻訳したものですべてもとは英語の論文です。

なかなか学術的裏付けもしっかりとした成分のようです。
とにかく薬としてあるグルコシターゼ阻害薬と同じ効果を望める食品分類の物ですから本当に効くなら試してみたいところです。
こんな時に頼りになるのがアマゾンのレビューです。
アマゾンでレビューを調べてみました。下のレビューは★5つを抜粋しました。
全体では★4つですが★5つのレビューを見てみると結構よく効いているなと感じます。
★3つのレビューでもなぜ3つ?と思えるようなレビューで否定的な発言は見られません。
★3つでもおおむね良い、効果があった、続けてみたい、というレビューが殆どです。

 


というわけで注文した次第です。
Hba1cが前回6.9で少し落ち込んでいたところで
現在、かなり糖質制限をしています。
これを飲みながら糖質制限を緩和してみて次回の検査をまた報告します。

 

ちなみにアカポリアのリンクです。
アカシアポリフェノール サプリメント「アカポリア180粒」

 

 

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。

関連ページ

血糖値を下げる飲み物、薬草茶
薬草で血糖値をコントロール糖尿病を改善
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬 全く新しいタイプの薬を開発中
糖尿病医療 無駄な薬を飲んでいる
長期の治療となる糖尿病や高血圧では継続的に投薬が続けられる。しかし、本当に飲見続けなければいけない薬なのでしょうか?
血糖値スパイクに専門医から5つの疑問!
NHKスペシャルの「血糖値スパイクが危ない」報道に反論
ヒートテック下着で血糖値が下がる?
【ソウル聯合ニュース】韓国のある繊維メーカーが、体温を高める機能性繊維で作った服の糖尿病緩和効果を確認するための臨床試験を進めていると伝えられ、結果に関心が集まっている。
糖尿病治らないはウソ!最新医療研究で
糖尿病も最新医療研究により完治できる病になりつつあります。最新医療研究現場のレポートです
甘味依存症が体を蝕む
貴方は大丈夫ですか?薬物依存症のように糖分にも依存症があるのです。
糖尿病患者必須 糖質カット炊飯器を使ってみた。
話題騒然!超新発明の炊飯器でご飯を炊くと糖質が33%もっ少なくなる!つまり、33%も多くに食べることができる。
特定保健用食品と機能性表示食品の違い
平成27年4月から始まった機能性表示食品制度と既存の特定保健用食品との違い
「スローカロリー」に注目 ヤフーニュースより
上手な糖の摂り方が今、話題になっています。
ビタミンDがU型糖尿病患者の血圧を下げる
ビタミンBの投与がU型糖尿病患者の高血圧リスクを下げることが研究により腎病理学報告されました。
医師の人間性がU型糖尿病の合併症での死亡率を左右する
担当医師のU型糖尿病への事務的でない親身な接し方で糖尿病の合併症による死亡率を下げることができるようです。
糖尿病本当に遺伝するのか
2019年2月東京大学を中心とする研究グループがU型糖尿病のに関わる新たな遺伝子領域を発見下とするプレリリースがありました。
なぜ日本人は欧米人より糖尿病になりやすいのか
遺伝子を解析すると日本人は欧米人に比べて糖尿病にかかりやすい特徴があると言います。ではなぜそのような特徴が生まれたのか
U型糖尿病および心不全について米国心臓協会及び米国心不全協会からの科学的声明
U型糖尿病患者の心不全に対する危険性を米国心臓協会及び米国心不全協会が警鐘を鳴らしています
糖尿病で血尿が出た一例
糖尿病の合併症にはいろいろありますがまさか血尿が出るとは思っていませんでした。しかし結構あることなのらしいのですが、その体験を紹介します。
糖尿病患者が新型肺炎から身を守る対策
糖尿病は新型肺炎の重症化リスクのひとつです。手指消毒は必須です。しかし市場には消毒用アルコールが見当たりません。対策を教えます。
新型コロナウイルスから糖尿病患者を守る
新型コロナウイルスの重症化リスク糖尿病ですが、マスク手洗いで本当に防げるでしょうか。絶対に罹れない身としてはオゾン発生器というアイテムを取り入れてみました。