糖尿病の治療

アディポネクチンは糖尿病の救世主

投稿日:

アディポネクチンとは脂肪細胞から分泌されるホルモンです。
俗に痩せホルモンとも呼ばれています。それはアディポネクチンに脂肪から分泌されるのにその脂肪を燃焼させる作用があるからなのです。
体内に存在するホルモンの中でもけた違いに多く分泌されるホルモンで次のような作用があります。

アディポネクチンの様々な働き


アディポネクチンには、脂肪を燃焼させるだけでなく糖尿病に戴せても非常に有効な働きをします。

糖の取り込みを促進する

糖尿病の原因の一つとしてインスリン抵抗性があります。つまりインスリンの効き目が悪く細胞への糖の取り込みがうまくいかなくなることです。アディポネクチンはこの細胞への糖の取り込みを促進ししたがって血中の糖の濃度を減少させ血糖値を下げることができます。つまりインスリン抵抗性を解消できるということです。

脂肪酸を燃焼させる

ヒトは運動をしてエネルギーが必要になると脂肪酸を分解してエネルギーとして消費します。アディポネクチンは運動することによってはじめて活性化する筋肉に糖や脂肪を分解して取り入れる酵素を運動しなくても活性化することが分かっています。

細胞内の脂肪酸を減らしインスリンの働きを良くする。

アディポネクチンは肝臓や筋肉に置いてインスリンの感受性を更新します。つまり、インスリンの働きを良くするということになります。

インスリン抵抗性の改善

アディポネクチンはインスリンに対する感受性が改善されることが分かっており、したがってインスリン抵抗性の改善は同義であると言えます。

動脈硬化防止

アディポネクチンは傷ついた血管を修復したり、LDLコレステロールに集まってくる白血球の一種によって動脈にこぶを作ることを防ぐ作用を持っていると考えられています。すなわち動脈硬化を抑制してくれます。
そのほかにも糖尿病の合併症に抑制的に働く作用が確認されています。
アディポネクチンは糖尿病以外にも高血圧、高脂血症、動脈硬化の予防と改善
さらにはがんの予防にも効果が認められているスーパーホルモンなのです。
血糖値を下げるためには有酸素運動により血液中の糖を筋肉へ取り込む運動療法が最適ですが
アディポネクチンは運動した時と同じような効果をもたらすことが知られています。
つまり、アディポネクチンは運動療法なしでも糖尿病を改善できるのです。
すでに合併症があり運動療法ができない人にとってはまさに救世主的なホルモンです。
現在アディポネクチンを成分とする薬の開発が急がれています。
その薬ができると、食事制限や苦しい運動なしで糖尿病が改善されることになります。
数年で開発されるとのことですがもともとアディポネクチンは体内で分泌されるホルモンなので
その分泌量を増やせば同じ効果が得られます。

アディポネクチンの分泌を増やすには


アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されますがそれでは肥満状態で脂肪細胞が多ければたくさん分泌されるかというとどうも逆のようです。アディポネクチンの血中濃度は個人のBMIと反比例することが分かっており、肥満度が高いと血中アディポネクチンの濃度が低くなるのです。
最近になって、ベータコングリシニンという成分がアディポネクチンの分泌を増やすことが分かってきました。
ベータコングリシニンを増やす効果があるのが味噌に代表される大豆加工食品です。
みそ汁を1日3杯以上飲む人の糖尿病罹患率が極端に低くなるという研究結果もあります。
豆腐の味噌汁などはは最強のアイテムでしょう。
また、海藻類や魚介類、アーモンドなどに多く含まれるマグネシウムを多く摂る人はアディポネクチンが多いことが分かっています。

アディポネクチンを増やす食べ物

豆腐 味噌 豆乳 (大豆加工食品)
ニンジン、トマト  (緑黄色野菜)
ワカメ、ひじき、煮干し   (魚介類)
アーモンド、ゴマ  (木の実)

世界初!アディポネクチン分泌サプリ


サイドバートップ

サイドバートップ

-糖尿病の治療
-

Copyright© 糖尿病を自分で治した人のサイト , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.