糖尿病の症状

血糖値の実際の下がり方

投稿日:

管理人の血糖値記録

管理人の血糖値の推移を紹介します。血糖値が正常になるまで
そう長くはかかりませんでしたが
大変なのは下がった状態を維持する事なんです。
   
食後2時間値は通院日は検査結果から転載しています。

平成17年 11月 12月
Hba1c 11.3 10.7
食後2時間 408 130
平成18年 1月 2月 3月 4月 5月 6月
Hba1c 9.5 6.7 5.2 5.2    
食後2時間 160 115 139 136 110 133
平成18年 7月 8月 9月 10月 11月 12月
Hba1c 5.5 5.5 5.5
食後2時間 127 165 129 137 124 146
平成19年 1月 2月 3月 4月 5月 6月
Hba1c 5.5         5.6
食後2時間 134 154 173 136 132 184
平成19年 7月 8月 9月 10月 11月 12月
Hba1c 5.3
食後2時間 125 143 126 146 107 99

※ Hba1cのない月は自宅での検査でその月一番低かった血糖値です。
平成19年12月に内科の先生からもう一年に一度検査するだけで良いと言われました。卒業ですね。よかったーっ!
安心したのかしばらく医院から足が遠のいていました。1年目は何となく億劫で受信しませんでした2年目にさすがに行かねばと思い立ち受診しましたが、Hba1cが結構低かったので血糖値のコントロールは完全にマスターしたことを自覚しました。
平成29年2月に風邪を引いて久しぶりに内科医院に通院しました。本当にひさしぶりです。
風邪の治療だけと思い受診したのですが有無を言わさず血液検査となりました。
検査はいやなんですよね。日々の節制で自身はあっても結果が出るまでの時間が本当にいやです。
もともとが気が小さいと言うか臆病者なんです。でも今回ついでにといっては何ですが年齢のこともあり前立腺がんの検査もお願いしました。テレビで間寛平さんが宣伝していたヤツです。
結果は2日後電話で聞きました。
HbA1c  5.3
血糖値 95
前立腺の腫瘍マーカーは問題ないそうです。

その後の経過

その後はインフルエンザにかかったり、風邪をひいたり、血圧が上がったりした時などに通院してついでに血液検査をしてもらうぐらいです。

年 月 Hba1c
平成21年1月 5.7
平成25年3月 5.5
平成29年2月 5.8
平成30年1月 6.4
平成30年2月 6.3
平成30年6月 5.7
 令和元年6月  5.5
   

平成30年に自律神経の失調を患い、それが原因なのか年齢のせいなのか血糖値が上がってきました。
自律神経関係の投薬を受けてから精神が非常に安定し、ストレスをあまり感じなくなったので6月には6を切りました。
腎機能も検査では良好です。目は受診していません。現在隔日に7kmほどランニングと腹筋、腕立て伏せ、ダンベルをやっています。
体調極めて良好です。
                                                               2019年9月6日加筆

サイドバートップ

サイドバートップ

-糖尿病の症状
-

Copyright© 糖尿病の症状と対策ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.