糖尿病患者が新型コロナで重症化しやすい訳

なぜ糖尿病は新型コロナの重症化リスクなのか

 

新型コロナウイルスの重症化リスクとして糖尿病、高齢、高血圧などの持病などが挙げられています。
糖尿病の方は、特に気をもんでおられると思います。
糖尿病という経歴だけで重症化リスクがあるのでしょうか。
糖尿病と言っても、なかなか血糖値をコントロールできない人から、HBa1cが5台でほぼ寛解と言える方々まで様々です。
中には合併症で透析を受けておられる方もいることでしょう。

糖尿病が重症化リスクではない。

 

実は糖尿病だからといって必ずしも重症化リスクではないのです。
Hba1cが標準近くで推移し血糖値をコントロールできている人や、さらにはほぼ寛解と言える状態になっている人は糖尿病という名前だけで重症化リスクとはなりません。
問題なのは糖尿病か否ではなく血糖値がコントロールできているかどうかが新型コロナウイルスの重症化リスクとなるのです。
さらに言えば、高血糖の状態が重症化リスクとなるのです。
米国糖尿病学会のの見解では糖尿病の既往歴ががあっても現在血糖値がコントロールされ寛解状態であれば全く健常者と変わらないということです。

 

重症化リスクだけでなく感染リスクも大きい

 

高血糖は新型コロナウイルスだけでなく様々な感染症に対して県船及び重症化リスクとなります。
その一つの要因として高血糖の状態は白血球などの免疫を担う細胞の機能を弱めることが分かっています。
それにより、体内に入ってきたウイルスを容易に増殖させてしまい、感染する確率も増えますし、当然重症化しやすくなります。

 

なぜ高血糖が新型コロナを重症化するのか

第一には先ほど述べた免疫力の低下です。
次に高血糖の人は肺炎にかかりやすいということがあります。
糖尿病を患っていて血糖値がコントロールできていない人は健常者に比べて1.8倍も肺炎にかかりやすいというデータ上がります。ですから当然新型コロナウイルスによる肺炎にもかかりやすく重症化しやすいと言えます。
また高血糖では血栓ができやすくなる傾向にあり、コロナウイルス自体が血栓症を起こすために血栓による動脈の梗塞や、毛細血管のダメージを容易に受けやすくなります。それが重症化の一つの原因となります。
それが脳や心臓で起これば、高血糖の方が感染すると重症化する前に突然死を起こす可能性も増加します。
実際、突然死をした人を検視すると糖尿病の罹患者でコロナウイルスに完成していたという例も見られます。

高血糖は肺の毛細血管にダメージを与える

高血糖は一般に血管系にダメージを与えます。
血液中のブドウ糖が多くなるとブドウ糖は血管壁にある内皮細胞に取り込まれます。

 

特に末梢の細い毛細血管はその存在さえも危ぶまれます。

 

特に糖尿病で腎不全になり人工透析が必要になる原因も腎臓の毛細血管がダメージを受けることで腎臓の機能が失われることによります。
高血糖は腎臓に限らずすべての毛細血管にダメージを与えます。つまり肺の毛細血管もダメージを受けていることでしょう。
そこへ新型コロナウイルスによる肺炎が加われば重症化しない訳がありません。

 

コロナウイルスは血管にダメージを与える。

糖尿病患者だけの話ではありません。
コロナ感染後に心不全や脳梗塞突然死する方が急増していると言います。
実はコロナウイルスが血管壁のACE受容体を攻撃して細胞内に入り込むためその結果血管にが傷つけられることが分かりました。
血管が傷つけられると、そこを修復しようとして小さな血液の塊ができます。
皮膚などが傷ついても血液が凝固して傷口をふさぐのと同じようなものです。
血液の小さな塊はいわゆる血栓となります。
その血栓が脳や心臓の大事な欠陥で詰まってしまうと脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまうのです。
ましてやもともと高血糖で血管がボロボロな方にはコロナ感染は致命的と言えるでしょう。

 

糖尿病の自覚のある方は血糖値の計測と、合併症の有無をしっかりと検査してください。

糖尿病でかつ、血糖値をうまくコントロールできていない方、何らかの合併症が出ている方は、特に感染予防に気を配らなければなりません。
糖尿病の合併症は殆ど血管のダメージからくるものですから。合併症があるということはコロナウイルスが攻撃する血管がすでにダメージを受けているからです。

 

血糖値をコントロールすることはもちろんですが、免疫力を上げることも大切です。
上げる事はもちろん一番最良ですができれば免疫を下げないことに注意しなければならない人もおることでしょう。
もう一度、生活習慣を見直し。睡眠を良くとり。バランスの良い食事。規則正しい生活。
そして何よりもストレスのない生活をすることが求められます。

 

それには適度な運動も必要でしょう。
コロナ禍で、大変な生活を強いられていますが、考えようによっては糖尿病の人がもう一度血糖値を寛解に持っていくことができるチャンスでもあります。
これを機に生活を見直してみるのもコロナ禍を乗り切るの一つの糖尿病治療家かもしれません。


糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。 貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。 体験談をメールする いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。

関連ページ

血糖値を下げる飲み物、薬草茶
薬草で血糖値をコントロール糖尿病を改善
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬 全く新しいタイプの薬を開発中
糖尿病医療 無駄な薬を飲んでいる
長期の治療となる糖尿病や高血圧では継続的に投薬が続けられる。しかし、本当に飲見続けなければいけない薬なのでしょうか?
血糖値スパイクに専門医から5つの疑問!
NHKスペシャルの「血糖値スパイクが危ない」報道に反論
ヒートテック下着で血糖値が下がる?
【ソウル聯合ニュース】韓国のある繊維メーカーが、体温を高める機能性繊維で作った服の糖尿病緩和効果を確認するための臨床試験を進めていると伝えられ、結果に関心が集まっている。
糖尿病治らないはウソ!最新医療研究で
糖尿病も最新医療研究により完治できる病になりつつあります。最新医療研究現場のレポートです
甘味依存症が体を蝕む
貴方は大丈夫ですか?薬物依存症のように糖分にも依存症があるのです。
糖尿病患者必須 糖質カット炊飯器を使ってみた。
話題騒然!超新発明の炊飯器でご飯を炊くと糖質が33%もっ少なくなる!つまり、33%も多くに食べることができる。
特定保健用食品と機能性表示食品の違い
平成27年4月から始まった機能性表示食品制度と既存の特定保健用食品との違い
「スローカロリー」に注目 ヤフーニュースより
上手な糖の摂り方が今、話題になっています。
ビタミンDがU型糖尿病患者の血圧を下げる
ビタミンBの投与がU型糖尿病患者の高血圧リスクを下げることが研究により腎病理学報告されました。
医師の人間性がU型糖尿病の合併症での死亡率を左右する
担当医師のU型糖尿病への事務的でない親身な接し方で糖尿病の合併症による死亡率を下げることができるようです。
糖尿病本当に遺伝するのか
2019年2月東京大学を中心とする研究グループがU型糖尿病のに関わる新たな遺伝子領域を発見下とするプレリリースがありました。
なぜ日本人は欧米人より糖尿病になりやすいのか
遺伝子を解析すると日本人は欧米人に比べて糖尿病にかかりやすい特徴があると言います。ではなぜそのような特徴が生まれたのか
U型糖尿病および心不全について米国心臓協会及び米国心不全協会からの科学的声明
U型糖尿病患者の心不全に対する危険性を米国心臓協会及び米国心不全協会が警鐘を鳴らしています
糖尿病で血尿が出た一例
糖尿病の合併症にはいろいろありますがまさか血尿が出るとは思っていませんでした。しかし結構あることなのらしいのですが、その体験を紹介します。
抗糖尿病最新成分アカシアポリフェノールがすごい
もともとポリフェノール自体糖尿病に良いとされていましたがその中でもアカシアポリフェノールが群を抜いて糖尿病に効くという論文が多数発表されています。
糖尿病患者が新型肺炎から身を守る対策
糖尿病は新型肺炎の重症化リスクのひとつです。手指消毒は必須です。しかし市場には消毒用アルコールが見当たりません。対策を教えます。
新型コロナウイルスから糖尿病患者を守る
新型コロナウイルスの重症化リスク糖尿病ですが、マスク手洗いで本当に防げるでしょうか。絶対に罹れない身としてはオゾン発生器というアイテムを取り入れてみました。
シナモンとルイボスティーが糖尿病の合併症を防ぐ
シナモンやルイボスティーに含まれるピペリンは毛細血管の再生を促します。その仕組みをご紹介します。