糖尿病治らないはウソ!最新医療研究で

糖尿病が治る時代がやってきます。

ヤフーニュースの要約

「骨髄移植で糖尿病改善」からヒント得る

この研究チームはまず糖尿病で白血病の患者が白血病の治療で骨髄移植を受けた際に糖尿病が改善することに着目しました。
そこで、骨髄移植により白血病患者にどのような変化があったのかを調べていくうちに骨髄移植を受けた患者の血液中に40種類のマイクロRNAという核酸が増加していることを発見しました。
さらに調べていくうちに40種類のマイクロRNAの中で膵臓のインスリンを分泌するβ細胞を再生させる作用がある二種類のマイクロRNAを特定することに成功しました。
そしてその二種類のマイクロRNAを糖尿病のかかったマウスに注射して実験したところ空腹時の血糖値が注射をしなかった糖尿病マウスより40%〜50%低くなり、正常のマウスに比べても血糖値が20%多いぐらいまで改善されました。
またインスリンの分泌量もほぼ2倍になったという結果を得ました。と同時に顕微鏡下で膵臓のβ細胞の増殖も確認されました。
研究チームによると「糖尿病を完全に治す治療法となる可能性がある」とのことです。
この2種類のマイクロRNAは化学合成が可能で生産コストは低く抑えることができるのでもし近い将来薬として認められれば安価な投薬で糖尿病が完治出来る時代が訪れることでしょう。

 

ブタの細胞移植で糖尿病が改善!

1型糖尿病の治療として膵臓のβ細胞が存在するランゲルハンス島を移植する手術がありますが「ランゲルハンス島の提供者」を見つけることはがこの手術の大きな壁になっていました。
日本とニュージーランドとの共同研究で進んでいるのが豚のランゲルハンス島をヒトに移植しようというものです。
豚のインスリンとその機能はヒトとほぼ同じであることに着目したのです。
移植用に無菌で清潔な環境で飼育した豚の両親から生まれた医療用の子豚の膵臓から取り出したランゲルハンス島を拒絶反応を起こさずしかもインスリンだけ分泌するように特殊なカプセルで加工しヒトの腹部に移植しました。
体重1Kgあたり2万個を4人の被験者に移植したところ4人全員が2年間にわたりHbA1cの平均値が6%台を維持しました。
日本でも数年後をめどに1型糖尿病への豚のランゲルハンス島移植計画があるそうです。

最新ニュース

IPS細胞からインスリン分泌するβ細胞を作る

 

昔から、お金になる研究は必ず現実になってきました。悲しいことに難病と言われるものについて患者数が少ない病気に対しては研究費をファンドする会社や団体が少ないため薬の開発が遅々として進みません。
今回のIPS細胞を使った糖尿病完治に向けての研究は完成すれば莫大な見返りがあります。
お金になる研究は放っておいても進歩するものです。
日本でノーベル賞を取ったIPSの分野ですので期待は大きいと言えましょう。
1型2型を問わず糖尿病の完治する時代がやってこようとしています。

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。 貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。 体験談をメールする いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。

関連ページ

血糖値を下げる飲み物、薬草茶
薬草で血糖値をコントロール糖尿病を改善
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬 全く新しいタイプの薬を開発中
糖尿病医療 無駄な薬を飲んでいる
長期の治療となる糖尿病や高血圧では継続的に投薬が続けられる。しかし、本当に飲見続けなければいけない薬なのでしょうか?
血糖値スパイクに専門医から5つの疑問!
NHKスペシャルの「血糖値スパイクが危ない」報道に反論
ヒートテック下着で血糖値が下がる?
【ソウル聯合ニュース】韓国のある繊維メーカーが、体温を高める機能性繊維で作った服の糖尿病緩和効果を確認するための臨床試験を進めていると伝えられ、結果に関心が集まっている。
甘味依存症が糖尿病の原因となる
貴方は大丈夫ですか?薬物依存症のように糖分にも依存症があるのです。
糖尿病患者必須 糖質カット炊飯器を使ってみた。
話題騒然!超新発明の炊飯器でご飯を炊くと糖質が33%もっ少なくなる!つまり、33%も多くに食べることができる。
特定保健用食品と機能性表示食品の違い
平成27年4月から始まった機能性表示食品制度と既存の特定保健用食品との違い
「スローカロリー」に注目 ヤフーニュースより
上手な糖の摂り方が今、話題になっています。
ビタミンDがU型糖尿病患者の血圧を下げる
ビタミンBの投与がU型糖尿病患者の高血圧リスクを下げることが研究により腎病理学報告されました。
医師の人間性がU型糖尿病の合併症での死亡率を左右する
担当医師のU型糖尿病への事務的でない親身な接し方で糖尿病の合併症による死亡率を下げることができるようです。
糖尿病本当に遺伝するのか
2019年2月東京大学を中心とする研究グループがU型糖尿病のに関わる新たな遺伝子領域を発見下とするプレリリースがありました。
なぜ日本人は欧米人より糖尿病になりやすいのか
遺伝子を解析すると日本人は欧米人に比べて糖尿病にかかりやすい特徴があると言います。ではなぜそのような特徴が生まれたのか
U型糖尿病および心不全について米国心臓協会及び米国心不全協会からの科学的声明
U型糖尿病患者の心不全に対する危険性を米国心臓協会及び米国心不全協会が警鐘を鳴らしています
糖尿病で血尿が出た一例
糖尿病の合併症にはいろいろありますがまさか血尿が出るとは思っていませんでした。しかし結構あることなのらしいのですが、その体験を紹介します。
糖尿病患者が新型肺炎から身を守る対策
糖尿病は新型肺炎の重症化リスクのひとつです。手指消毒は必須です。しかし市場には消毒用アルコールが見当たりません。対策を教えます。
新型コロナウイルスから糖尿病患者を守る
新型コロナウイルスの重症化リスク糖尿病ですが、マスク手洗いで本当に防げるでしょうか。絶対に罹れない身としてはオゾン発生器というアイテムを取り入れてみました。
糖尿病患者が新型コロナで重症化しやすい訳
新型コロナウイルスの重症化要因に一つに糖尿病患者が挙げられています。糖尿病というだけで本当に重症化するのでしょうか?現在寛解状態の人にも当てはまるのか。
糖尿病とすい臓がん
糖尿病を指摘されたら、すい臓がんの検査もしてもらいましょう。糖尿病を発症したことで早期発見ができるかもしれません。