糖尿病と腰痛

糖尿病の人に腰痛が多い理由

糖尿病の三大合併症は
糖尿病性網膜症、腎症、糖尿病性神経障害です。

 

それぞれ目、腎臓、神経と発症場所は分かれていますが結局のところすべてに通じるのは血管の障害なのです。
糖尿病の合併症はほとんど高血糖により障害を受けた血管特に毛細血管の血流が妨げられたリ出血したりして起こるものなのです。

 

神経を栄養する血管が障害を起こすと神経が侵されていきます。
また筋肉を栄養する血管が障害を受けると筋肉も侵されていきます。

 

腰を支える筋肉が血管障害により侵されていくと当然腰痛となります。

 

また筋力が弱くなることで容易に腰椎の捻挫やひどい場合は椎間板ヘルニアを起こすことになります。

 

これが糖尿病の人に腰痛が多い一番の理由なのですがひとつ違った見方があります。

 

腰痛を起こす人はそもそも筋肉量が少ない傾向にあります。

 

筋肉が少ないということは基礎代謝が少なく、つまり消費カロリーが少ないのです。

 

摂取カロリーを消費しきれず血糖値が高くなります。

 

そして、糖尿病へと進んでいく。

 

先ほどとは全く逆の考え方ですが腰痛のある人は糖尿病になりやすい傾向にあるとも言えるのではないでしょうか。

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。


関連ページ

糖尿病と膝の痛み
膝の痛みは運動療法の妨げになります。その予防と緩和法をご紹介します
糖尿病の膝サポーターランキング
糖尿病の治療に運動療法は欠かせません。しかし膝が痛くては運動できません。そんな人のための膝サポーターを厳選しました。