糖尿病の症状と対策ナビ

糖尿病の薬

 

糖尿病の薬物療法

 

 

病院で処方される糖尿病の薬を紹介します。
目的別に製品名にわたり分類しています。
どのような薬が処方されているかをを知ることで自分の症状を再認識できます。糖尿病と戦うにはまず知識をつけることです。


敵をしれば百戦危からずというところですね。

 

 

 

糖尿病の治療は基本的に食事療法と運動療法ですが
血糖値がうまくコントロールできない場合は薬物療法を併用します。

 

 

以前は薬物療法といえばインスリン注射しかなかったのですが
最近では医薬の進歩によりさまざまな薬が処方できるようになりました。

 

 

ただし、薬物療法はあくまで血糖値をコントロールするものであって
糖尿病を治すというものではありません。

 

 

つまり、薬物療法で血糖値が下がったからといって糖尿病が治ったのではなく
薬を止めるとまた血糖値は上がります。

 

 

そのことをよく認識して薬物療法に臨まなければなりません。
しかし、最初は薬物療法が必要でも食事療法と運動療法がうまくいって

 

 

血糖値がコントロールできるようになれば投薬がなくなることがあります。

 

 

<糖尿病の経口薬の種類>

 

 

糖尿病の飲み薬には大きく分けて3つの種類があります。

 

 

スルフォニル尿素薬(SU剤)・速攻型インスリン分泌促進薬

 

スルフォニル尿素薬(SU剤)は
インスリンの分泌を増加させる薬です。
膵臓のβ細胞を刺激してインスリンの分泌を促すので
そもそも膵臓にインスリンの分泌能力が残っていなければ効果はありません。

 

 

スルフォニル尿素薬(SU剤)の商品名としては、
オイグルコン錠、ダオニール錠、ラスチノン錠、ジアベン錠
、デアメリンS錠,ジメリン錠、アマリール錠、トリナーゼ錠、グリミクロン錠、等があります。
この薬剤は低血糖を起こしやすいという側面がありますので注意が必要です。

 

 

速攻型インスリン分泌促進薬は
SU剤よりもより早くインスリンが分泌される速効型食後血糖値降下薬として分類される薬です。
この薬は作用時間が短いため低血糖を起こしにくい特徴があります。
商品名としてはファスティック錠、スターシス錠があります。

 

 

α−グルコシダーゼ阻害薬・ビグアナイド製剤

 

 

食後の血糖値の上昇を抑える薬です。

 

 

α−グルコシダーゼ阻害薬は
α−グルコシダーゼという糖質を分解する酵素の働きを阻害して
ブドウ糖の吸収を遅らせます。インスリンは分泌されているけれどそのタイミングがずれて食後に血糖値が上がる患者さんに有効です。

 

 

この薬は血糖値を下げる作用がないため低血糖を起こすことがなく
比較的軽症の患者さんで食事療法の補助として投薬されることが多いようです。
商品名としてベイスン錠、グルコバイ錠、等があります。使用によりおなかが張ったりおならが増えたり下痢、便秘といった症状を起こすことがあります。

 

 

ビグアナイド製剤は
同じくブドウ糖の吸収を遅らせたりインスリンの働きを高めたりしますが食欲を低下させる作用があるため肥満や過食気味の患者さんにすすめられます。
商品名としてグリコラン錠、メルビン錠、ジベトスB錠などがあります。

 

 

インスリン抵抗性改善薬

 

 

インスリンの効果を高める薬です。
2型糖尿病ではインスリンが十分分泌されているにもかかわらず効果が小さいために
高血糖になる特徴があります。
このインスリンの効き目を高めてブドウ糖を処理しやすくするのがこのインスリン抵抗性改善薬です。

 

 

使用上の注意として脂肪が増え太ることがあります。商品名としてアクトス錠があります。

 

 

 

<インスリン注射>

 

 

インスリンが分泌されなかったり、絶対量がわずかである場合。
また経口薬を含めた療法で血糖値がコントロールできない場合は外からインスリンを補う必要があります。

 

 

インスリンは経口投与するとほとんどが分解されてしまうので、注射という方法でないと投与できません。
インスリン注射は確実に血糖値を下げることができる治療法です。

 

 

が、「インスリン=重症」というイメージがありインスリン注射に抵抗感や恐怖感、罪悪感さえ抱く人もあるようです。しかし、実際注射を続ける限り健常者とほとんど同じ生活のクオリティを維持できることから、
職業や家庭の事情から運動療法、食事療法が不可能と判断し
自らインスリン注射療法を早期から選択する人もいるぐらいなのです。
つまり、インスリン注射に対し抵抗感を感じる必要はまったくないのです。

 

 

医療の進歩により年々新薬や新療法が開発され、糖尿病自体の克服も近い将来可能であるように聞きます。
そのうち一回の治療で糖尿病が治る時代が到来するかもしれません。
しかし現状においてはまだまだ食事療法と運動療法、薬物療法なしでは糖尿病の進行を防ぐことができません。
糖尿病は治療より予防ということを念頭において生活習慣を正したいものです。

 

糖尿病研究は日進月歩です。糖尿病に関する新薬も開発されつつあります。
糖尿病の新薬インクレチン関連薬とは

 

 

 

 

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。


関連ページ

糖尿病食事療法の新説
糖尿病の治療として食べる順番に新説が。
血糖値を下げる食事の裏技
血糖値を下げる食事の仕方、裏ワザをお教えします。糖糖尿病の食事はただカロリーを減らせばいいという訳ではありません。大事なのはメンタルです。糖尿病と戦うための長続きする食事方法を試しませんか?辛い糖尿病の食事療法を快適に過ごしましょう
筋肉リリースが糖尿病を改善する
筋肉リリースによって筋肉や関節の状態を改善すると血糖値をコントロールしやすくなる。
アディポネクチンは糖尿病の救世主
新発見のホルモン、アディポネクチンは糖尿病の救世主
薬を使わずに糖尿病を治す
薬を使わずに糖尿病を改善する方法をを紹介します。
耳ツボダイエットと糖尿病
耳ツボダイエットの糖尿病改善に役立つ可能性をさぐります。まず、耳ツボダイエットのしくみを検証し効果を実際に体験して評価していきたいと思います。
糖尿病の新薬最新動向
糖尿病の治療薬の最新情報やトレンドを紹介します。
糖尿病の新薬 インクレチン
ンクレチン関連薬とは糖尿病の新薬です。平成21年ごろより次々と認可され使われるようになったインクレチン関連薬の種類やメリット、副作用などを紹介します
糖尿病の運動療法
糖尿病の運動療法では糖尿病の運動療法について考えます。糖尿病に運動療法がいかに大切であり、かつ有効であるかを運動別に検証し、また糖尿病を運動療法なくして克服することが困難であることを紹介しま
タマネギで糖尿病を治す
タマネギの糖尿病への意外な薬効を紹介します
バナジウムが糖尿病を改善する
バナジウムは糖尿病の救世主となりえるのか、今話題のバナジウムについてレポートし
糖尿病の新食事療法
糖尿病の新しい食事療法について紹介します。従来のカロリーを制限するだけではなく積極的にバランスよく栄養を取り入れるという新しい食事療法を紹介しています
低インスリンダイエットの糖尿病への応用
低インスリンダイエットの高血糖予防への可能性を紹介します。低インスリンダイエットは最初、糖尿病の食事療法として生まれたのです
糖尿病は朝食で改善
糖尿病が朝食を毎日とることによって改善されたり逆に朝食を食べたり抜いたりすることで高血糖になる原因のひとつになっていることなどを紹介しています
糖尿病に効くサプリメント成分
糖尿病に有効なサプリメントを紹介します。薬ではなく、あくまで食品として糖尿病に有効なサプリメントをリストアップします。サプリメントの商品名ではなく成分としての紹介になります。
糖尿病の筋肉トレーニング
糖尿病と筋肉トレーニングの関係について考えます。高血糖の改善には筋肉トレーニングが必要であり、それによって基礎代謝量が増えることを紹介しています"