糖尿病 心身安定剤 治療

自律神経と糖尿病の関係

糖尿病に意外に効いた心身安定剤

平成29年の初年末にインフルエンザにかかってから、体調が優れず精神的に弱くなったというか些細なことに恐怖を感じたり、常に不安感がありました。
また、血圧が常時200越えになり病院で血圧の投薬を受けました。
その時は、不安感などは心の問題で病気関係ではないと思っていたので、先生に言いませんでした。
それから一月後にインフルエンザから花粉症を引き継いだのか鼻炎の症状が出て血圧も薬を飲みながら180台あったので再度受診し血圧の薬を増やしてもらい血液検査をしました。

 

血液検査の結果、ずっとHba1c台をキープしていたのに6.4と思いがけなく高く、体調も良くなかったので不安感とかすべてを話してみました。

 

自律神経の失調の症状

 

その時の症状は

 

 

1、薬を飲んでも血圧が下がらない。
2、車を運転しているときなど時々、体がカーッと熱くなり汗が噴き出す。
3、横になると自分の心音が聞こえるほど動悸がする。
4、常に不安感があり、気持ちが落ち込むことが多い。
5、寝つきが悪く朝まで眠れないことがある。 
6、手汗が半端なく出る

 

それを聞いた先生は腑に落ちたように
「あなたの高血圧は交感神経の興奮で起きているものです」
「今回は自律神経に効く薬を出しますね」
ということで薬が一つ増えました。
高血圧の薬は変わらずです。

 

新しい薬は『ロフラゼプ酸エチル錠1mg』

効能としては神経症及び心身症による不安、緊張、抑うつ、睡眠障害に効くと書いてあります。

 

飲んで翌日から血圧が120台になった。

 

それを飲むようになって夜はぐっすりの眠れるようになりました。
血圧も120台へさがりました。
不安感も当然なくなり心の余裕ができたというか物事に集中しても手汗を書くことが無くなりました。

 

もともと、子供のころから手汗はかく方で試験の時など試験用紙が濡れてしまうほどだったのです。
またよく神経質だと親から言われたり、次の日が面談の日など前の日からドキドキしっぱなしだったり
生まれつき交感神経が優位だったような気がします。

 

そもそも、私の血液検査では高血圧の因子はないのです。
コレステロールは

 

LDLが 71

 

HDLが 92

 

中性脂肪が 51

 

動脈硬化はないと思います。

 

週に合計30kmランニングして、隔日に筋トレ。

 

高血圧の要素はないと思うのですが最高血圧が220という時もありました。

 

投薬を受けながらの血圧180はきつかったです。

 

しかし、自律神経の投薬を受けてからというものランニングして帰ってきて計ったら収縮期血圧が106拡張期血圧が67とうい時がありました。

 

自律神経が正常になったら血糖値も下がった

 

翌月のHba1cは6.3と若干下がっていました。

 

体調が良くなったので投薬だけ受けてしばらく診察をしませんでしたがその年の6月に久しぶりに診察してもらい血液検査をしました。

 

血圧は下がったままで調子がよいのは自律神経の薬のおかげです。

 

しかし、血糖値が驚いたことにHba1cが5.7と6を切っていたのです。

 

自律神経の薬のおかげでストレスに対しても抵抗力ができたのに違いありません。

 

私の高血糖の大部分はストレスによるものだったのかもしれません。

 

ということはストレスがどれほど血糖値を上げるのかが分かったような気がします。

 

令和になって初受診ではHba1cが5.5まで下がっていました。

 

私と同じ症状のある方はぜひドクターと相談してみてください。

 


糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。

関連ページ

糖尿病食事療法の新説
糖尿病の治療として食べる順番に新説があります。今までの常識を覆す食事療法を紹介します。
血糖値を下げる食事の裏技
血糖値を下げる食事の仕方、裏ワザをお教えします。糖糖尿病の食事はただカロリーを減らせばいいという訳ではありません。大事なのはメンタルです。糖尿病と戦うための長続きする食事方法を試しませんか?辛い糖尿病の食事療法を快適に過ごしましょう
筋膜リリースが糖尿病を改善する
筋膜リリースによって筋肉や関節の状態を改善すると血糖値をコントロールしやすくなるという説をご紹介します。
アディポネクチンは糖尿病の救世主
新発見のホルモン、アディポネクチンは糖尿病の救世主となりうるのか。アディポネクチンとは何なのか紹介しています。
薬を使わずに糖尿病を治す
薬を使わずに糖尿病を改善する方法をを紹介します。
耳ツボダイエットと糖尿病
耳ツボダイエットの糖尿病改善に役立つ可能性をさぐります。まず、耳ツボダイエットのしくみを検証し効果を実際に体験して評価していきたいと思います。
糖尿病の新薬最新動向
糖尿病の治療薬の最新情報やトレンドを紹介します。
糖尿病の新薬 インクレチン
インクレチン関連薬とは糖尿病の新薬です。平成21年ごろより次々と認可され使われるようになったインクレチン関連薬の種類やメリット、副作用などを紹介します
糖尿病の運動療法
糖尿病の運動療法では糖尿病の運動療法について考えます。糖尿病に運動療法がいかに大切であり、かつ有効であるかを運動別に検証し、また糖尿病を運動療法なくして克服することが困難であることを紹介しま
タマネギで糖尿病を治す
タマネギの糖尿病への意外な薬効を紹介します
バナジウムが糖尿病を改善する
バナジウムは糖尿病の救世主となりえるのか、今話題のバナジウムについてレポートし
糖尿病の新食事療法
糖尿病の新しい食事療法について紹介します。従来のカロリーを制限するだけではなく積極的にバランスよく栄養を取り入れるという新しい食事療法を紹介しています
低インスリンダイエットの糖尿病への応用
低インスリンダイエットの高血糖予防への可能性を紹介します。低インスリンダイエットは最初、糖尿病の食事療法として生まれたのです
糖尿病は朝食で改善
糖尿病が朝食を毎日とることによって改善されたり逆に朝食を食べたり抜いたりすることで高血糖になる原因のひとつになっていることなどを紹介しています
糖尿病の薬
病院で処方されるさまざまな糖尿病の薬について種類や用途、また製品名にわたり紹介します。自分のもらっている薬がわかれば病院の先生の説明をより深く理解できるでしょう
糖尿病に効くサプリメント成分
糖尿病に有効なサプリメントを紹介します。薬ではなく、あくまで食品として糖尿病に有効なサプリメントをリストアップします。サプリメントの商品名ではなく成分としての紹介になります。
糖尿病の筋肉トレーニング
糖尿病と筋肉トレーニングの関係について考えます。高血糖の改善には筋肉トレーニングが必要であり、それによって基礎代謝量が増えることを紹介しています"
糖尿病のリスクを下げる食べ物一覧
糖尿病治療または予防に良いとされる食品を一覧を作ってみました。