「スローカロリー」に注目 ヤフーニュースより

今、スローカロリーに今注目が集まっています。

2019/09/20 Rewrite

 

糖質は摂ってもいいんだ。
糖質はなぜ甘いのか?
それは人類に必要な成分だからです。
だからむやみに糖質を制限すると様々な影響が出てきます。
注意が必要なのは急激な血糖値の上昇です。
上手な糖質の摂り方が今話題になっています

 

ダイエットや健康に砂糖やお菓子は大敵という現代では常識ともいえる認識に反して逆に糖質は必要であるとする「スローカロリ」ーという考え方が現在注目されています。

 

確かに砂糖やお菓子は血糖値の維持や、やダイエットには良いことはありません。

 

ただ極端に糖質を減らすと筋肉がエネルギー不足とな脂肪が燃焼する前に筋肉自体が自らエネルギーとなり脂肪痩せではなく筋肉痩せに陥ってしまうことが考えらます。

 

そうなると今度は基礎代謝量が落ちるために血糖値が上がったり、脂肪がたまったりする危険があるのです。

 

そこで糖質は何が何でもカットするという考えから、上手にゆっくりと摂取するという試み、「スローカロリー」と呼ばれる食習慣が広まりつつあります。

ファーストフードはファーストカロリー


ファーストフードはスローカロリーの対極にある代表的なファーストカロリーでしょう。
ファーストフードのファーストは「最初」という意味ではありません。速いという意味です。

 

速く食べられて、速く消化し、速く吸収する。ファーストカロリーの代表的なものですね。おまけに速くお腹がへる。

 

ファーストフードでもスローカロリーは可能です。糖質は食物繊維と一緒に摂ると吸収が穏やかになり急激な血糖値の上昇を抑えられます。
最近は難消化デキストリンという水溶性食物繊維の入ったお茶などもコンビニで手に入ります。
ハンバーガーなどを食べる時はこんなお茶と一緒に召し上がってみてはどうでしょう。

 

しかし、外食で牛丼屋さんにペットボトルを持ち込むこともできないでしょう。

 

そんな時には粉末の難消化デキストリンが薬局などに売っていますので外食の際はそういうものを常に携帯しておくのもスローカロリーに適った食習慣です。

 

スローカロリーとファーストカロリーをグラフで見ると次のようになります。

食事の時に食物繊維のある野菜などから食べ始め、次に肉などの蛋白質や脂質、最後にご飯という風に食べる順番を工夫することもスローカロリーを実現できます。

ファーストカロリーで糖質を速く吸収させると、単位時間の吸収量が大きく(グラフの山が高い)吸収の時間が短くなります。つまり血糖値が急激に上がるためインスリンが大量に分泌され、急激に上がった血糖を余剰な血糖とみなし、脂肪細胞へ脂肪として取り込みます。吸収の時間が短いとすぐお腹が減ることになります。
一方スローカロリーとしてゆっくり吸収されると単位時間の吸収量が減る(グラフの山が低い)かわりに長い時間吸収が続きます。インスリンの分泌は緩やかになり血糖を余剰なものとみなさないので脂肪細胞に脂肪を取り込まなくなります。また長く少しづつ吸収することで空腹感が起こりにくく、間食などをしなくても過ごせるようになります。

 

食物繊維を先に摂る。という食習慣でスローカロリーは実現可能ですが、また糖の種類によってもスローカロリーは実現可能です。

 

コーヒー、紅茶にまた、料理に使う砂糖は上白糖や、グラニュー糖です。
上白糖やグラニュー糖はスクロース(ショ糖)といいます。

 

糖質の種類

 

糖質は大きく分けて 単糖類、小糖類、多糖類と3つの種類があります。
単糖類とはそれ以上加水分解されない一番小さな単位の糖の分子です。
ヒトが腸で吸収できるのは単糖類だけです。

 

主な単糖類には
グルコース(ブドウ糖)
●ガラクトース(脳糖)
●フルクトース(果糖)
などがあります。

 

小糖類には2糖類とオリゴ糖があります。
2糖類は単糖が二つくっついた糖で代表的なものには 
●マルトース(麦芽糖)=ガラクトース分子×2
●ラクトース(乳糖)=グルコース分子+ガラクトース分子
●スクロース(ショ糖)=グルコース分子+フルクトース分子

2糖類は消化酵素で簡単に単糖に加水分解され腸で吸収されます。

 

オリゴ糖は3糖以上の小糖類をいいます。
ヒトはオリゴ糖を分解する酵素を持っていません。
ですからオリゴ糖は消化されず大腸に行き吸収はされません。
大腸に行ったオリゴ糖はビフィズス菌などのエサになります。

 

オリゴ糖は甘味としては二糖類に若干劣るものの十分その役を果たしその上吸収されないので血糖値を上げることもなく、しかもビフィズス菌を増やして腸内環境を整えるという素晴らしい糖なのです。

 

日常で上白糖やグラニュー糖を使う代わりにオリゴ糖を使えばそれは十分スローカロリー的食生活になります。

 

食べ物自体にも吸収の速いものと遅いものがあります。

 

グリセミックインデックスはスローカロリーの指標になる

 

GI値という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
グリセミックインデックスの略なのですがこれはその食べ物に含まれる炭水化物が糖に分解されて吸収されるまでのスピードを表した指数です。
つまり血糖値をどのぐらい上げるかという指数にもなってきます。

 

グルコース(ブドウ糖)を100とした時のそれぞれの食べ物の吸収スピードを表しています。
下の表は主な食品のGI値を表したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの食生活と置き換えられる食品があるはずです。
GI値のより低いものを選んで食べることがスローカロリーの食生活と言えるでしょう。


糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。 貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。 体験談をメールする いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。

関連ページ

血糖値を下げる飲み物、薬草茶
薬草で血糖値をコントロール糖尿病を改善
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬 全く新しいタイプの薬を開発中
糖尿病医療 無駄な薬を飲んでいる
長期の治療となる糖尿病や高血圧では継続的に投薬が続けられる。しかし、本当に飲見続けなければいけない薬なのでしょうか?
血糖値スパイクに専門医から5つの疑問!
NHKスペシャルの「血糖値スパイクが危ない」報道に反論
ヒートテック下着で血糖値が下がる?
【ソウル聯合ニュース】韓国のある繊維メーカーが、体温を高める機能性繊維で作った服の糖尿病緩和効果を確認するための臨床試験を進めていると伝えられ、結果に関心が集まっている。
糖尿病治らないはウソ!最新医療研究で
糖尿病も最新医療研究により完治できる病になりつつあります。最新医療研究現場のレポートです
甘味依存症が糖尿病の原因となる
貴方は大丈夫ですか?薬物依存症のように糖分にも依存症があるのです。
糖尿病患者必須 糖質カット炊飯器を使ってみた。
話題騒然!超新発明の炊飯器でご飯を炊くと糖質が33%もっ少なくなる!つまり、33%も多くに食べることができる。
特定保健用食品と機能性表示食品の違い
平成27年4月から始まった機能性表示食品制度と既存の特定保健用食品との違い
ビタミンDがU型糖尿病患者の血圧を下げる
ビタミンBの投与がU型糖尿病患者の高血圧リスクを下げることが研究により腎病理学報告されました。
医師の人間性がU型糖尿病の合併症での死亡率を左右する
担当医師のU型糖尿病への事務的でない親身な接し方で糖尿病の合併症による死亡率を下げることができるようです。
糖尿病本当に遺伝するのか
2019年2月東京大学を中心とする研究グループがU型糖尿病のに関わる新たな遺伝子領域を発見下とするプレリリースがありました。
なぜ日本人は欧米人より糖尿病になりやすいのか
遺伝子を解析すると日本人は欧米人に比べて糖尿病にかかりやすい特徴があると言います。ではなぜそのような特徴が生まれたのか
U型糖尿病および心不全について米国心臓協会及び米国心不全協会からの科学的声明
U型糖尿病患者の心不全に対する危険性を米国心臓協会及び米国心不全協会が警鐘を鳴らしています
糖尿病で血尿が出た一例
糖尿病の合併症にはいろいろありますがまさか血尿が出るとは思っていませんでした。しかし結構あることなのらしいのですが、その体験を紹介します。
糖尿病患者が新型肺炎から身を守る対策
糖尿病は新型肺炎の重症化リスクのひとつです。手指消毒は必須です。しかし市場には消毒用アルコールが見当たりません。対策を教えます。
新型コロナウイルスから糖尿病患者を守る
新型コロナウイルスの重症化リスク糖尿病ですが、マスク手洗いで本当に防げるでしょうか。絶対に罹れない身としてはオゾン発生器というアイテムを取り入れてみました。
糖尿病患者が新型コロナで重症化しやすい訳
新型コロナウイルスの重症化要因に一つに糖尿病患者が挙げられています。糖尿病というだけで本当に重症化するのでしょうか?現在寛解状態の人にも当てはまるのか。
糖尿病とすい臓がん
糖尿病を指摘されたら、すい臓がんの検査もしてもらいましょう。糖尿病を発症したことで早期発見ができるかもしれません。