桑の葉は糖尿医薬品並みの効き目

桑の葉には医薬品と同じ血糖値上昇抑制物質が含まれる。

桑の葉のエキスや桑の葉茶などのサプリメントは
食後の血糖値の上昇を緩やかにする成分が豊富に含まれています。

 

桑の葉に含まれる1-デオキシノジリマイシンは
αグルコシターゼが糖質を吸収可能なブドウ糖に分解するのを邪魔します。しかも摂りつづけても低血糖を起こすことがありません。桑の葉は漢方薬として使われてきた歴史があり高い安全性を有しています。

 

同じαグルコシターゼを阻害する成分を含む植物としてサラシアがあります。サラシアについては当サイトサラシアは本当に効くのかをご覧ください。

 

1-デオキシノジリマイシンのメカニズム

糖は他の腸内細菌などに栄養として奪われないために吸収される直前にブドウ糖に分解されます。αグルコシターゼがその役割を担っています。
しかし、1-デオキシノジリマイシンがブドウ糖にそっくりな形をしているため、αグルコシターゼがブドウ糖と間違って強力に結合してしまい本当の糖を分解するのを邪魔するのです。その効果は限定的ですべての糖が分解されない訳ではありません。つまり吸収が緩やかになるのです。

 

消化されなければ吸収されない訳ですが、結局は大腸で消化され吸収されてしまいます。

 

じゃ同じじゃん。と思われるでしょうが
小腸で吸収される糖によって起こる血糖値の急上昇が糖尿病の合併症を引き起こすのです。大腸からの吸収は穏やかで血糖値の急上昇は認められません。

 

 

桑の葉エキスが機能性表示食品の関与成分と認められない訳。

 

桑の葉に含まれる1−デオキシノジリマイシンは医薬品成分に指定されています。

 

ですから桑の葉は機能性表示食品としては認められません。

 

しかし、逆を言えば桑の葉は医薬品の成分を持っているということです。

 

とすれば効果は確かなものだということになります。

 

桑の葉の摂り方は?

 

1−デオキシノジリマイシンは桑以外にはあまり含まれていません。
摂るとすればサプリメントになりますがお茶、錠剤、カプセル、青汁といろいろあります。
また、1−デオキシノジリマイシンは食前または食事とともに摂らなければ消化に間に合いません。
食事15分前が最適な摂取時期だと言えます。

 

 

関連ページ

難消化性デキストリンの効果
難消化性デキストリンの6つの素晴らしい効果を紹介
難消化性デキストリンのサプリメント
難消化性デキストリンを使ったサプリメントを特定保健用食品を中心に紹介
難消化性デキストリンランキング
難消化性デキストリンのトクホのコスパをランキングしました。
グァバ茶は糖尿病の救世主か
グァバ茶は食後の糖尿病の吸収を穏やかにする成分を含んでいます。
オリゴ糖が糖尿病を救う!
砂糖は糖尿病患者には凶器となるという常識を全く覆す砂糖があったのです。
ギムネマは腸を騙す詐欺師だ
血糖値を下げることに特化したサプリメントを発掘しています。薬を使わず糖尿病を改善します。
サラシアは本当に効くのか
α-グルコシダーゼ阻害剤と同じ作用を持つサラシアについて検証します
夢の砂糖、希少糖が糖尿病に良い理由
希少糖は砂糖なのに血糖値が上がらないのはなぜ?