難消化性デキストリンの効果

難消化デキストリンの効果

食物繊維とは

 

糖の吸収を穏やかにするとして一番先に思い浮かぶのは食物繊維でしょう。

 

食物繊維は食物に含まれて、ヒトの消化酵素によって分解されな成分のことで、食物繊維には不溶性食物繊維水溶性食物繊維があります。

 

不溶性食物繊維は水に溶けにくい繊維質で体内の水分を保ち、便の量を増やして排便を促し体内の有害成分などを排泄させる働きがあります。
つまり腸内で水分を吸って膨張し腸管を刺激し排泄を促すのです。

 

不溶性食物繊維をはイモ類 豆類 きのこ類に多く含まれます

 

セルロースは細胞形作る成分で代表的な不溶性食物繊維です。また、キノコの主成分であるグルカンもよく知られています。

 

キャベツやレタスなど野菜に多く含まれると思われがちですが豆類、きのこ類に比べると5〜10分の1程しか含まれません。

 

手軽に食べられて不溶性食物繊維が多く含まれる食物としては次のものがあります。

 

いんげん豆 おから 栗 大豆 
納豆 モロヘイヤ 枝豆 エリンギ しいたけ
 

 

 

 

難消化性デキストリンとは?

 

水溶性食物繊維はその名のとおり水に溶け、ヌルヌルした粘性が特徴の食物繊維です。
その粘性で食物を物理的にコーティングし、糖や脂肪の吸収を穏やかにします。
またコレステロールを吸着し排泄したり、善玉菌の食料となり腸内環境を整える作用があります。

 

水溶性食物繊維には果物、野菜に多く含まれまれるペクチンがあります。
ペクチンはリンゴ、バナナ、人参、キャベツ、カリフラワー、柑橘類、いちごなどに多く含まれ、熟して柔らかくなるほどペクチンは増えます。

 

また、こんにゃくに含まれるグルコマンナンや昆布のネバネバ成分フコイダンなども水溶性食物繊維です。

 

水溶性食物繊維には天然のもの以外に人工の食物繊維としてデキストリンがあります。デキストリンとはジャガイモやトウモロコシのデンプンを加熱および酵素処理したものから消化されにくいデンプン分解物を精製・分離した人工の水溶性食物繊維のことです。

 

最近トクホなどで話題の難消化性デキストリンとは人工の水溶性食物繊維のことなのです。

糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。

関連ページ

難消化性デキストリンのサプリメント
難消化性デキストリンを使ったサプリメントを特定保健用食品を中心に紹介
難消化性デキストリンランキング
難消化性デキストリンのトクホのコスパをランキングしました。
グァバ茶は糖尿病の救世主か
グァバ茶は食後の糖尿病の吸収を穏やかにする成分を含んでいます。
オリゴ糖が糖尿病を救う!
砂糖は糖尿病患者には凶器となるという常識を全く覆す砂糖があったのです。
ギムネマは腸を騙す詐欺師だ
ギムネマが糖の吸収を穏やかにするしくみをご紹介します。
サラシアは本当に効くのか
α-グルコシダーゼ阻害剤と同じ作用を持つサラシアについて検証します
桑の葉は糖尿医薬品並みの効き目
桑の葉に含まれる1-デオキシノジリマイシンは医薬品の成分に指定されています。
夢の砂糖、希少糖が糖尿病に良い理由
希少糖は砂糖なのに血糖値が上がらないのはなぜ?