糖尿病の治療

糖尿病の新薬 インクレチン

投稿日:

インクレチン関連薬って何?
インクレチン関連薬は最近注目されている薬です。
糖尿病の新薬として2009年ごろより実用化されています。
これまでの薬物療法を一変すると言われている薬です。
インクレチンとは
ヒトの腸から分泌される消化管ホルモンの一種で
主な作用としては膵臓のβ細胞のインスリン分泌を促進します。つまり血糖値を下げる作用があるのです。
また膵臓のα細胞から分泌される血糖値を上げるホルモン(グルカゴン)の分泌を抑制し、結果的に血糖値の上昇を抑制します。
ブドウ糖負荷試験のようにブドウ糖を注射で血液中に投与するより経口投与の方ががインスリンがよく分泌されるのはこのインクレチンの作用なのです。

インクレチンの種類

インクレチンにはと小腸や大腸の一部から分泌される
GLP-1(グルカゴン様ペプチドタイプ1)
と十二指腸から分泌される
GIP(グルコース依存型インスリン分泌刺激ポリペプチド)
の2つがあります。
GLP―1は胃の内容物排出速度を遅らせ、満腹感を助長することで食欲を抑制したり、食後の急峻な血糖上昇を抑制したりする作用があるのに対しGIPは脂肪細胞への糖の取り込みを促進することで肥満を助長させる作用があります。そのことから糖尿病に対する治療薬の開発はGLP―1を対象に行われました。
GLP-1にはまとめると次のような作用があります。
1・インスリン分泌の促進
2・膵臓ランゲルハンス島のβ細胞増殖作用
3・グルカゴンの分泌を抑制する
4・胃排泄能抑制 (満腹感の持続)
5・4)の作用により結果的に食欲抑制作用
GLP-1が薬として存在するならばⅡ型糖尿病にとって画期的な薬になるに違いありません。

薬としてのインクレチン

GLP-1の半減期は2分~5分
良いこと尽くめのGLP-1のように見えますが
実はGLP-1は血液中のDPP-4という酵素によって速やかに分解されてしまうのです。その半減期は約2分から5分と言われています。つまりGLP-1は投与しても数分しか血液中に存在できないと言うことなのです。
インクレチンを薬として開発するためにはGLP-1を分解されにくくするかという問題が最重要課題なのです。
そこで研究により考えられた方法は2つありました。

DPP-4阻害剤

ひとつはGLP-1をDPP-4により分解されにくくするということです。つまりDPP-4の作用を邪魔する薬が考えられました。これをDPP-4阻害薬と呼ばれています。
薬剤としてはシタグリプチン (DPP-4阻害剤) アログリプチン(DPP-4阻害剤)
があります。

GLP-1アナログ

ふたつ目はGLP-1と同じような効果があり、かつDPP-4に分解されにくい物質を探すことです。それが、アメリカ毒トカゲの唾液腺から発見された物質から作られたエキセナチドという薬です。
また、GLP-1自体を変化させDPP-4に分解されにくくすることも研究されました。
それがリラグルチドという薬剤です。
この二の薬剤を総称してDLP-1アナログと呼ばれます。

インクレチン関連薬の効果
DPP-4阻害剤もGLP-1アナログもインスリンの分泌を促すと言う意味で
Ⅱ型糖尿病の薬です。残念ながらⅠ型には効果がありません。
DPP-4阻害剤は飲み薬です。
GLP-1アナログは通常一日一回皮下注射します。
HbA1Cへの効果として3ヶ月の使用により
DPP-4阻害剤で約0.7 GLP-1アナログ
で約1.8程度の低下が見られるとのことです。

インクレチン関連薬のメリット

今までにもインスリンの分泌を促す薬は存在し実際に使われています。
それではそれらの薬とインクレチン関連薬とはどこが違うのでしょう。
そのメリットを挙げてみましょう。
1. 投与頻度が少ない。
一日1~2回の投与で効果があるので患者さんの負担が軽減されます。
2. 副作用が少ない。糖尿病治療薬にしばしば見られる低血糖を起こしにくいといわれています。
3. 血糖値が高い時にしか作用しない。2と重複しますが、結局血糖値を必要以上に下げないということで低血糖を起こしにくいと言われています。
4. 膵臓のβ細胞を増殖させる効果がある。
インクレチン関連薬の副作用
そもそも副作用の少ないインクレチン関連薬ですが他の糖尿病の薬との併用により
低血糖を起こす例が報告されています。
まれに膵炎を起こすことが報告されています。
また、患者さんの使用感としては、強い吐き気を伴うことが多く、午前中の投与で昼食が食べられなかったり、寝込むような吐き気に襲われると言う患者さんもいます。

インクレチン関連薬体験談

実際、私の知人がかかりつけの先生に勧められ先日よりGLP-1アナログの注射を毎日受けております。
77歳の女性でなかなか血糖値が下がらないといつもぼやいていました。
もっとも血糖値が下がらないのは意志が弱いだけのように思えるのですが。
実際食生活を聞くと本当に糖尿病なの?っていうぐらい好き放題に食べています。
本人はこれでも節制してると言い張っています。
まあそんな彼女が吐き気がして何にも食べられないってげっそりしてました。
午後からは楽になるらしいのですが、注射をした午前中はとにかく横になっている方が多いとのことです。
最近では午後から注射を受けた方が一日楽に過ごせると昼から通院しているようです。
生活のクオリティを上げるために新薬をつかうとすれば果たして目的を達しているのでしょうか、
食事療法と運動療法を極めてなおかつ血糖値のコントロールがままならない時に新薬のお世話になると言う
選択もあるのではないでしょうか。

サイドバートップ

サイドバートップ

-糖尿病の治療
-

Copyright© 糖尿病の症状と対策ナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.