サマリーページ

サマリーページへ記事一覧

糖尿病体験記糖尿病体験記のコーナーは私が実際に体験した闘病生活に基づいて、日々行なったこと、考えたこと、学んだことなどあれやこれ思い出すままに綴った記録です。私の経験がそのまま他の糖尿病の方々の参考になるとは思えませんが、「こういった人間も居るんだ」という感覚で読み進めていただき、そして笑っていただければなにより幸です。目次      ◎ 始まりは喉の違和感からでした      ◎ ガンかもしれな...

糖尿病には症状がないといわれますが、そんなことはありません。私の体験から、前兆のような症状がありました。健康診断で血糖値が高いことがわかって指摘される。私も体験談に書いてあるようにその通りでした。実際、糖尿病は検査などで分かることがほとんどなのですしかしそのサインは確実に出ています。私の場合は喉の違和感でした。結局、自律神経の異常だったことが後になって分かったのですが、自律神経の異常自体が糖尿病か...

糖尿病が原因の高血圧糖尿病と高血圧は合併症というよりも一対のような関係で、糖尿病患者の半数から60%は高血圧であることが知られています。単なる高血圧の場合より糖尿病と対になった高血圧はその対処方法も変わってきます。高血圧症も糖尿病と同じく症状の表れにくい病気です。高血圧の患者数は国内で 3,000〜4,000万人といわれ予備軍を含めた糖尿病患者の1,600万人を大きく上回ります。そして糖尿病患者の...

HbA1cは血糖値を計る血液検査の項目のひとつです。HbA1c以外にも糖尿病の診断をする検査があります。順を追って見てみましょう。糖尿病の検査の種類糖尿病の検査には次のような代表的なものがあります。1.尿糖糖尿病が疑われたらまずは尿に糖が下りているかを調べる事が最初でしょう。この検査は市販の試験紙で簡単にできます。陽性であれば糖尿病が疑われます。陽性であれば血糖値がおおよそ170mg/dlを超えて...

糖尿病の合併症には生命を奪いかねないものも少なくありません合併症についてよく知り、早めの対策を講じることによって未然に防ぐことができれば糖尿病の克服にかなり近づいたといえます。先ずは知ることから始めましょう。<全身に広がる糖尿病の合併症> 血糖値が高いというだけで、それ自体の症状は大してないのが普通です。そのことが逆に糖尿病の発見を遅らせ合併症が進行してしまうのです。血糖値が高い状態が長期間続くと...

管理人の血糖値記録管理人の血糖値の推移を紹介します。血糖値が正常になるまでそう長くはかかりませんでしたが大変なのは下がった状態を維持する事なんです。食後2時間値は任意の一日を抜粋して記載しています。平成17年11月12月HbA1C11.310.7食後2時間408130平成18年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月HbA1C9.56.75.25.2   5.5 5.5 5.6食後2...

糖尿病の進行度を自己診断をしましょう予備軍から合併症の可能性まで自己診断できます。医科へ受診へのきっかけにしてください。ここでは高血糖の可能性が自分でチェックができます。各項目に自分が当てはまるかどうかチェックしていただき、当てはまる数が多いほど糖尿病、およびその合併症の確率が高いといえます。あくまで、可能性ですので断定的ではありません。専門医の受診を受けるきっかけになり、糖尿病の合併症を未然に防...

糖尿病のセルフチェックと予防糖尿病自体は合併症がでるまではほとんどこれといった症状がありません。病院の定期健診を受ける習慣のない人は、合併症が出てはじめて糖尿病が発見されることも多いのです。糖尿病の最大の怖さは合併症です。合併症は身体の自由を奪われることがあります。または死に至ることさえもあります。しかし、徴候はあるのです。生活習慣とか環境から糖尿病にかかりやすかどうかがわかります。健康診断を受け...