サマリーページ

サマリーページへ記事一覧

藤枝さんの体に異変が現れ たのは10年前。手足が頻繁にしびれるようになって、病院で診てもらったところ、ヘモグロビンA1cが11%という重度の糖尿病であることがわかったの だ。ご主人があと1年で定年を迎え、夫婦で悠々自適の隠居生活を夢みていたときのことだった。「健康診断は何十年も受けていませんでしたが、その5年ほど前からのどがすごく渇くようになっていましたので、その頃から糖尿病だったのでしょう。4週...

現在、糖尿病の最も新しい薬としてはSGLT2阻害薬があります。基本コンセプトとしては血液中の糖を尿で体外に排出させてしまうというものです。USAのLexicon社はそのコンセプトを強力にした経口新薬を開発しているそうです。Lexicon社は2016年9月9日に腎臓で糖を再吸収させるタンパク質を阻害する経口薬「sotagliflozin」について1型糖尿病患者に対する試験データを発表しました。この新...

病院はボロ儲けだ血糖値の基準は誰が決めたのか。たぶんしっかりとしたエビデンスをもとに決められているのでしょう。しかし、基準が変わると病院の収入にもかかわってくるでしょうし厳しい基準の方が投薬のすそ野は広がります。コレステロール値の基準値の変更で製薬会社も利益が大きく違ってくると聞いたことがあります。外国に比べて日本の基準はすべて厳しいらしいですけどそれも人種による関係もあるでしょう。しかし、本当の...

NHKスペシャルで放送された「“血糖値スパイク”が危ない〜糖尿病・心筋梗塞の新対策〜」はあまりにも衝撃的な内容でご覧になった方も多いのではないかと思います。事実私もその一人で暗い気分に落ち込んだことを覚えています。しかし後日、週刊雑誌「女性自身」11月15日号にこの番組に対する反論が載っていました。NHKに対する真っ向からの反論ということで興味を持って読ませていただきました。そして番組によって暗く...

韓国の繊維メーカりリテンドが開発した機能性繊維「テンプアップ」で作った下着臨床実験を行ったところ糖尿病患者二人が3か月の着用でHa1cが平均1.2ポイント改善したと発表しました。この下着は遠赤外線を放射する機能性繊維で遠赤外線により血液循環がよくなりまた体温が上昇することによって免疫機能もアップするらしいです。糖尿病患者二人の被験者実験を堂々と発表する当たりまさに韓国らしいけれど原理はうなづけると...

ヤフーニュースの要約「骨髄移植で糖尿病改善」からヒント得るこの研究チームはまず糖尿病で白血病の患者が白血病の治療で骨髄移植を受けた際に糖尿病が改善することに着目しました。そこで、骨髄移植により白血病患者にどのような変化があったのかを調べていくうちに骨髄移植を受けた患者の血液中に40種類のマイクロRNAという核酸が増加していることを発見しました。さらに調べていくうちに40種類のマイクロRNAの中で膵...

甘味依存症最近何かとお騒がせの薬物依存症。ギャンブル依存症や買い物依存症。現代人は何にでも依存症があるみたいです。実は甘いものにも依存症があのです。血糖値が気になるのに、痩せたいのに、なぜか甘いものが我慢できない。甘いものを食べないとイライラする。これはもう「甘味依存症」です。ヒトは砂糖のような甘味物質を摂ると脳内のドーパミンという神経伝達物質(快楽物質)の分泌が促されます。ドーパミンは「気持ちが...