アルコールが手に入らない場合の対策

糖尿病だとなぜ新型コロナウイルスの重症化リスクが高くなるのか

 

糖尿病は、新型コロナウイルスによる肺炎の重症化リスクの一つです。
もし感染すれば命に係わるかもしれません。

 

実際のところよくわからない

日本糖尿病学会のホームページには以下のように書かれています。

新型コロナウイルスに罹った場合に重症化するリスクに心疾患や、呼吸器疾患に加えて、糖尿病ももその一つである可能性があるが現時点でははっきりわかりません。

もともと血糖値が高いと白血球や免疫にかかわる細胞の機能が低下することが分かっていました。
私は最初、合併症の出ている方についてのリスクであって現在血糖値をコントロールできている方には関係ないかもしれないと思っていました。
しかし、血糖値の高いこと自体が重症化リスクであるようです。
実際糖尿病の人は健常者より1.75倍も肺炎にかかりやすいという報告があります。
現在合併症もなく血糖値をコントロールできている人でも安心はできないということです。
ということで、何とか新型コロナウイルスに感染しないよう努力する必要があります。

 

私は花粉症があるのでマスクはある程度備蓄がありました。
しかし手指消毒用のアルコールが切れてしまい入手が困難になってしまいました。

 

ドラッグストアを何軒も回っても消毒用アルコールが見つかりません。
アマゾンで調べても上の画像のごとく品切れかぼったくりのどちらかです。
私は人と接する仕事なので帰宅時は気を使います。
自宅には78歳の母もいます。
どうしても消毒用アルコールはほしいアイテムです。

 

そこで消毒剤から調べ始めていろいろ勉強していきました。
強力な消毒剤は安価に手に入ります。しかし強力ななものは人体にも有害です。
手指が消毒できるような人体に優しい消毒液はなかなか見つかりません。

 

しかしノロウイルスからたどって行くとやっと見つかりました。
その名前は次亜塩素酸水です。
食塩水を電気分解してできる液体でもともと食塩水からできるので残留物もありません。
濃度を薄くすればうがいに使うこともでき、実際、歯科医院では使っているところもあるほどです。
もちろん手指消毒も可能です。
アルコールでは除菌できないノロウイルスも次亜塩素酸水なら簡単に除菌できます。
しかもアルコールに比べて毒性はありません。

次亜塩素酸水の使用目的別濃度

 

次亜塩素酸水は500ppmの濃度で販売されていることが多いです。
ppmとは0.0001%の事で100万分の1です。
500ppmは0.05%のことになります。

 

吐物、糞便の後始末後の消毒  500ppm
ドアノブやテーブルの除菌   100〜250ppm
手指や皮膚、加湿器による噴霧 10〜50ppm

 

次亜塩素酸水はPhによって濃度使用や目的が違ってきます。
一般家庭で除菌に使う場合は微酸性次亜塩素酸水を使います。
phは5.5〜6.5の物です。
購入する場合はPhも調べて購入しましょう。
空間除菌という考え方。

 

 

空間除菌という考え方

上記の濃度の記述にもありますように次亜塩素酸水は超音波式加湿器で噴霧することで空間除菌ができまっす。
マスクをしていても髪の毛や洋服に着いたウイルスは除菌できません。

 

外出から帰った際、手洗いうがいの後、来ていた服を脱ぐ時、髪の毛を整える時そこにあるウイルスがまた手につきます。その手で鼻や口、目を触ると容易に感染します。
早い話、マスクなどほとんど防御効果はないと言えます。
他人に飛沫を飛ばさないようにすることがマスクの真の目的です。

 

そこで俄然注目されるのが、空間除菌という考え方です。
家庭用で空間除菌するには次亜塩素酸水超音波加湿器で蒸散させるのが一般的です。
そうすることにより、空間そのものの浮遊ウイルスはもちろん除菌できない髪の毛や洋服、テーブルやドアノブなどもまとめて除菌できます。

 

しかし、次亜塩素酸水も品薄になってきました。
上記の製品はすでに手に入りません。
そこで少しお高くなりますが家電領域で次亜塩素酸水を自ら作って自動で蒸散するものがパナソニックから販売されています。名前は次亜塩素酸空間除菌脱臭機ジアイーノです。手に入るうちに確認する価値はあると思います。


糖尿病体験談の募集

当サイトでは皆様の糖尿病体験談を募集しております。
貴方が体験した糖尿病体験を広くネット上で共有して健康で悩める人々の力になりませんか?
糖尿病が確認された経緯や時期
その時の症状や現在の症状
運動療法や食事療法のについて
通院や投薬の履歴
そのほか気がついたことや自分だけの療法で広くネットで伝えたいと思うこと
などそのうち一つでも結構ですので こちらからメールでお知らせください。
体験談をメールする
いただいたメールは個人を特定するような記述を除きこの場に掲載していきたいと存じます。

関連ページ

血糖値を下げる飲み物、薬草茶
薬草で血糖値をコントロール糖尿病を改善
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬
糖尿病の最新薬 SGLT阻害薬 全く新しいタイプの薬を開発中
糖尿病医療 無駄な薬を飲んでいる
長期の治療となる糖尿病や高血圧では継続的に投薬が続けられる。しかし、本当に飲見続けなければいけない薬なのでしょうか?
血糖値スパイクに専門医から5つの疑問!
NHKスペシャルの「血糖値スパイクが危ない」報道に反論
ヒートテック下着で血糖値が下がる?
【ソウル聯合ニュース】韓国のある繊維メーカーが、体温を高める機能性繊維で作った服の糖尿病緩和効果を確認するための臨床試験を進めていると伝えられ、結果に関心が集まっている。
糖尿病治らないはウソ!最新医療研究で
糖尿病も最新医療研究により完治できる病になりつつあります。最新医療研究現場のレポートです
甘味依存症が体を蝕む
貴方は大丈夫ですか?薬物依存症のように糖分にも依存症があるのです。
糖尿病患者必須 糖質カット炊飯器を使ってみた。
話題騒然!超新発明の炊飯器でご飯を炊くと糖質が33%もっ少なくなる!つまり、33%も多くに食べることができる。
特定保健用食品と機能性表示食品の違い
平成27年4月から始まった機能性表示食品制度と既存の特定保健用食品との違い
「スローカロリー」に注目 ヤフーニュースより
上手な糖の摂り方が今、話題になっています。
ビタミンDがU型糖尿病患者の血圧を下げる
ビタミンBの投与がU型糖尿病患者の高血圧リスクを下げることが研究により腎病理学報告されました。
医師の人間性がU型糖尿病の合併症での死亡率を左右する
担当医師のU型糖尿病への事務的でない親身な接し方で糖尿病の合併症による死亡率を下げることができるようです。
糖尿病本当に遺伝するのか
2019年2月東京大学を中心とする研究グループがU型糖尿病のに関わる新たな遺伝子領域を発見下とするプレリリースがありました。
なぜ日本人は欧米人より糖尿病になりやすいのか
遺伝子を解析すると日本人は欧米人に比べて糖尿病にかかりやすい特徴があると言います。ではなぜそのような特徴が生まれたのか
U型糖尿病および心不全について米国心臓協会及び米国心不全協会からの科学的声明
U型糖尿病患者の心不全に対する危険性を米国心臓協会及び米国心不全協会が警鐘を鳴らしています
糖尿病で血尿が出た一例
糖尿病の合併症にはいろいろありますがまさか血尿が出るとは思っていませんでした。しかし結構あることなのらしいのですが、その体験を紹介します。
抗糖尿病最新成分アカシアポリフェノールがすごい
もともとポリフェノール自体糖尿病に良いとされていましたがその中でもアカシアポリフェノールが群を抜いて糖尿病に効くという論文が多数発表されています。
新型コロナウイルスから糖尿病患者を守る
新型コロナウイルスの重症化リスク糖尿病ですが、マスク手洗いで本当に防げるでしょうか。絶対に罹れない身としてはオゾン発生器というアイテムを取り入れてみました。