特定保健用食品と機能性表示食品の違い

特定保健用食品と機能性表示食品の違い

総論

 

特定保健用食品は国が製品個別にその有効性や安全性を審査して特定保健用食品の表示を許可したもので右のような許可マークが付けられます。
機能性表示食品は製造販売会社の責任においてその製品の有効性や安全性を科学的根拠に基づき証明し発売前にその根拠を国へ届け出たものです。

 

つまり特定保健用食品はその機能表示に国のお墨付きがあり機能性表示食品は事業者の責任においてその機能を表示するものです。

 

特定保健用食品(トクホ)とは

 

特定保健用食品には4つの区分があります。

 

1、特定保健用食品

例えば血圧を下げたいという人が購入、摂取したことで血圧が下がる期待ができることを表示できる(例血圧が高めの人に適していますなど)食品。

 

 

2、特定保健用食品(疾病リスク低減表示)
有効成分が特定の病気のリスクを下げる効果が医学的、栄養学的にすでに確立されている場合、疾病リスク低減の表示ができる食品。
例えばカルシウムを豊富に含むコンセプトの食品では「骨粗しょう症になりにくくする可能性があります」など。

 

3、特定保健用食品(規格基準型)
使用されている有効成分が特定保健用食品して今までの実績が十分あるなど科学的根拠が蓄積されている成分を使用している場合、事務局において規格基準適合をクリアすれば消費者委員会の個別審査がなく許可されるトクホ。

 

4、条件付き特定保健用食品


審査機構で要求している有効性の科学的根拠のレベルには達しないけれど一定の有効性が認められる食品で根拠が必ずしも確立されていない事を表示することを条件に許可されるトクホ

 

 

 

 

特定保健用食品は以下の表示が必要となります。

 

@ 商品名
A 許可証票又は承認証票
B 許可等を受けた表示の内容
C 栄養成分量及び熱量(Kcal)
D 原材料の名称
E 特定保健用食品である旨(条件付き特定保健用食品にあっては、条件付き特定保健用食品である旨)
F 内容量
G 摂取する上での注意事項
H 1日当たりの摂取目安量
I 1日の摂取目安量に含まれる当該栄養成分の当該栄養素等表示基準値に対する割合
J 摂取、調理又は保存の方法に関し、特に注意を必要とするものにあっては、その注意事項
K 許可等を受けた者が製造者以外の者であるときは、その許可等を受けた者の営業所所在地及び氏名(法人にあっては、   その名称)
L 消費期限又は賞味期限、保存の方法、製造所所在地及び製造者の氏名
M バランスの取れた食生活の普及啓発を図る文言

 

 

機能性表示食品とは

 

機能性表示食品制度は平成27年4月から新しく始まった制度でこれにより野菜や果物などの生鮮食品や加工食品、サプリメントなどについても、健康の維持・増進効果等を具体的に示すこと(機能性表示)ができるようになりました。

 

機能性表示食品は総論で述べましたとおり事業者の責任において届け出により表示が許されるものです。

 

では事業者の責任とはどういうものでしょうか。

 

消費者庁によりますと機能性表示食品の届け出をする者には次のような責任が生じます。

 

1、科学的根拠と表示内容の適合に関する責任

 

事業者が確認した科学的根拠に基づく実際の安全性や有効性が商品に表示される表現と違ったり誤解を招くことのないようにする責任

 

2、安全性及び機能性に関する科学的根拠の内容及び説明に関する責任

 

科学的根拠の実証に第三者機関を使ったとしても効果や安全性に対する責任及び説明責任は事業者にある

 

3、健康被害の発生の未然防止及び拡大防止のため、情報収集し、報告を行う体制の整備に関する責任

 

万一安全性が損なわれ健康被害があった場合は消費者庁などに報告する責任があります。

 

4、知的財産権に関する事項に係る責任

 

届け出を作成する場合、科学的根拠の説明等に特許侵害など知的財産権尊重に留意しその確認は届け出事業者が責任を負う

 

 

機能性表示食品にには次の表示義務があります

 

@ 機能性表示食品である旨
A 科学的根拠を有する機能性関与成分及び当該成分又は当該成分を含有する食品が有する機能性
B 栄養成分の量及び熱量
C 一日当たりの摂取目安量当たりの機能性関与成分の含有量
D 一日当たりの摂取目安量
E 届出番号
F 食品関連事業者の連絡先
G 機能性及び安全性について、国による評価を受けたものでない旨
H 摂取の方法
I 摂取する上での注意事項
J バランスのとれた食生活の普及啓発を図る文言
K 調理又は保存の方法に関し特に注意を必要とするものにあっては当該注意事項
L 疾病の診断、治療、予防を目的としたものではない旨
M 疾病に罹患している者、未成年、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦に対し訴求したものではない旨(生鮮食品を除く)
N 疾病に罹患している者は医師、医薬品を服用している者は医師、薬剤師に相談した上で摂取すべき旨
O 体調に異変を感じた際は速やかに摂取を中止し医師に相談すべき旨

特定保健用食品主な有効成分との許可された表示