グァバ茶は糖尿病の救世主か

グァバ茶は糖尿病の救世主か

 

 

グァバはユーカリなどの仲間でフトモモ科に属し熱帯・亜熱帯に分布し和名は蕃石榴(バンセキリュウ)沖縄地方ではバンシルーと呼ばれています。果実はビタミンA,B,Cが豊富で食用とされます。

 

グァバの有効成分

葉に含まれるグァバ葉ポリフェノールはデンプンを分解する消化酵素の働きを抑制する事で糖の吸収を穏やかにし食後の血糖値の上昇を緩やかに抑える作用があります。ちょうど糖尿病薬のベイスン錠のような働きをするのです。

 

また、グァバ葉に含まれるタンニンケルセチンは過酸化脂質に対し抗酸化物として働き血管を健康に保ち糖尿病の合併症を防ぎます。

 

またビタミン類を多く含み糖尿病の合併症に対し有効に働きます。食事制限によるビタミン類の欠乏をお茶で補えるのは特筆すべきことです。

 

グァバはグァバ茶として飲むことができます。日本茶のようにグァバの若葉を摘んで天日で乾燥させて作ります。また葉だけでなく、果実にもビタミンが多く含まれるので実を小さく砕き乾燥させ葉と混ぜてグァバ茶にすることもあります。

 

味について

本来ならばタンニンが多く含まれるので渋い味がするものなのですが「良薬口に苦し」は最近のサプリメント業界では流行らず、市販のグァバ茶はほとんど飲みやすくフルーティーでほんのり甘みも感じられる仕様になってるみたいです。

 

 

健康食品としての信頼性

 

血糖値に働きかける「グァバ葉ポリフェノール」自体が特定保健用食品の関与成分として認められています。しかしながら特定保健用食品として認められるためには消費者庁事務局に届け出て規格基準適合審査をクリアしなければならず小さな企業にはハードルが高いみたいでグァバ茶でトクホを掲げている商品は少ないようです。

 

信頼できる製品は?

 

グァバ茶ランキング

蕃爽麗茶


アマゾンリンク↑

なんといってもヤクルトグァバ葉ポリフェノールを前面に出しているグァバ茶はやっぱり信頼度No.1でしょう。
とにかく乳酸菌の臨床実験などで研究体制は最高レベルなことは周知の事実です。グァバ葉ポリフェノールの含有量や一回の摂取量など漢方的なサプリにはしっかりとしたエビデンスがないだけにヤクルトさんなら大丈夫かと思われます。
 
 


グァバ葉ポリフェノール10倍濃縮液 


アマゾンリンク↑

グァバ茶製品は多くが乾燥茶葉として売られていてティーバッグ様や日本茶風に急須で入れたり煮出したりするのでどのくらい煮出してどのくらいの関与成分が摂れるのか検証できないのが欠点ですが最初からグァバ茶ポリフェノール10倍濃縮液として売られているので信頼感はあります。自由度がないだけに返って使いやすいですね。知名度からヤクルトに首位を譲る形になりました。


オリヒロ NLティー 100% グァバ茶 2g*26包 


アマゾンリンク↑

価格で選ぶならやはり煮出し用の茶葉がいいでしょうその中でもやはり知名度があって安心感のあるこの商品が3位に入りました。26回分です。食事とともに飲むのがいいでしょう。
よく沸騰している約500mlの熱湯に本品1包を入れ、約2-3分間を目安に弱火で煮出して下さい。

 

 

 

 

関連ページ

難消化性デキストリンの効果
難消化性デキストリンの6つの素晴らしい効果を紹介
難消化性デキストリンのサプリメント
難消化性デキストリンを使ったサプリメントを特定保健用食品を中心に紹介
難消化性デキストリンランキング
難消化性デキストリンのトクホのコスパをランキングしました。
オリゴ糖が糖尿病を救う!
砂糖は糖尿病患者には凶器となるという常識を全く覆す砂糖があったのです。
ギムネマは腸を騙す詐欺師だ
血糖値を下げることに特化したサプリメントを発掘しています。薬を使わず糖尿病を改善します。
サラシアは本当に効くのか
α-グルコシダーゼ阻害剤と同じ作用を持つサラシアについて検証します
桑の葉は糖尿医薬品並みの効き目
桑の葉に含まれる1-デオキシノジリマイシンは医薬品の成分に指定されています。
夢の砂糖、希少糖が糖尿病に良い理由
希少糖は砂糖なのに血糖値が上がらないのはなぜ?